年間ベスト〔2011〕 一般書籍編

2011年、233冊の本(一般書籍172冊+絵本・詩集61冊)を読みました。
心にのこった20冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

幻の女』 ウイリアム・アイリッシュ
薔薇の名前』 ウンベルト・エーコ
やわらかなレタス』 江國 香織
小さな手袋/珈琲挽き』 小沼 丹
マイ・アントニーア』 ウィラ・キャザー
オンネリとアンネリのおうち』 マリヤッタ・クレンニエミ
悪魔の涎・追い求める男 他八篇』 コルタサル
ヴェネツィアの宿』 須賀 敦子
猫と庄造と二人のおんな』 谷崎 潤一郎
赤糸で縫いとじられた物語』 寺山 修司
昼の家、夜の家』 オルガ・トカルチュク
銀の匙』 中 勘助
秘密のおこない』 蜂飼 耳
フリアとシナリオライター』 マリオ・バルガス=リョサ
終電車ならとっくに行ってしまった』 フジモト マサル
幻影の城館』 マルセル・ブリヨン
八つの小鍋―村田喜代子傑作短篇集』 村田 喜代子
忘れられた花園』 ケイト・モートン
父の帽子』 森 茉莉
停電の夜に』 ジュンパ・ラヒリ


未曾有の大震災が起こった年、弱った心をなぐさめてくれたのはやはり物語でした。
古今東西の作家さんたち、どうもありがとう。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2010〕 絵本・詩集編

2010年、91冊の絵本・詩集を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 再読本はふくみません。 → 一般書籍編

漂流物』 デイヴィッド・ウィーズナー
クリスマスだいすき』 ピーター=スピア
黒猫ジルバ』 舟崎 克彦、(絵)宇野 亜喜良
たいせつなこと』 マーガレット・ワイズ・ブラウン、(絵)レナード・ワイスガード
ジャムつきパンとフランシス』 ラッセル・ホーバン、(絵)リリアン・ホーバン
すばらしいとき』 ロバート・マックロスキー
まど・みちお画集 とおいところ』 まど・みちお
空の飛びかた』 ゼバスティアン・メッシェンモーザー
ヤマネコ毛布』 山福 朱実
おんなのことあめ』 ミレナ・ルケショバー、(絵)ヤン・クドゥラーチェク


かわいいおはなし、想像をかき立てる絵や文章・・・、ことしもたくさん癒されました。
あと、絵本の原画展に5つも6つも出かけてしまった年でした。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2010〕 一般書籍編

2010年、232冊の本(一般書籍141冊+絵本・詩集91冊)を読みました。
心にのこった20冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

抱擁、あるいはライスには塩を』 江國 香織
密やかな結晶』 小川 洋子
黒と白の猫』 小沼 丹
なくしたものたちの国』 角田 光代
巡礼者たち』 エリザベス・ギルバート
フローラ逍遥』 澁澤 龍彦
恋する魔女―ロマンティックで残酷な物語』 立原 えりか
富士日記』 武田 百合子
椿姫』 デュマ・フィス
サラの鍵』 タチアナ・ド・ロネ
小さいおうち』 中島 京子
失踪家族』 リンウッド・バークレイ
巨匠とマルガリータ』 ブルガーコフ
夜の来訪者』 プリーストリー
少女外道』 皆川 博子
蜜のあわれ』 室生 犀星
お菓子と麦酒』 サマセット・モーム
貧乏サヴァラン』 森 茉莉
矢川澄子作品集成』 矢川 澄子
歪み真珠』 山尾 悠子


ホロコーストについて書かれた本をいくつも読んだことが印象的です。
『富士日記』や『マンゾーニ家の人々』など、数か月かけて読んだ本も。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2009〕 絵本・詩集編

2009年、104冊の絵本・詩集を読みました。
心にのこった15冊です。
■ 作家名50音順 ■ 再読本はふくみません。 → 一般書籍編

画本 厄除け詩集』 井伏 鱒二、(絵)金井田 英津子
ブローチ』 内田 也哉子、(絵)渡邉 良重
少女からの手紙』 宇野 亜喜良
尾形亀之助詩集』 尾形 亀之助
おちゃのじかんにきたとら』 ジュディス・カー
ソナチネの木』 岸田 衿子、(絵)安野 光雅
アリスの不思議なお店』 フレデリック・クレマン
BとIとRとD』 酒井 駒子
ねむり姫』 澁澤 龍彦、(オブジェ)野村 直子
くまのオートバイのり』 ライナー・チムニク
セーラーとペッカ』 ヨックム・ノードストリューム
あかい じゅうたん』 レックス・パーキン
クリスマス・イブ』 マーガレット・W・ブラウン、(絵)ベニ・モントレソール
空がレースにみえるとき』 エリノア・L・ホロウィッツ、(絵)バーバラ・クーニー
魔利のひとりごと』 森 茉莉、(絵)佐野 洋子


ことしから絵本・詩集ベストも。美しいことばや絵はながめているだけでシアワセ。
ノードストリュームさん、金井田さんは、その出逢いに感謝です。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2009〕 一般書籍編

2009年、274冊の本(一般書籍170冊+絵本・詩集104冊)を読みました。
心にのこった20冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

精霊たちの家』 アジェンデ
雪だるまの雪子ちゃん』 江國 香織
むかし女がいた』 大庭 みな子
猫を抱いて象と泳ぐ』 小川 洋子
パリ左岸のピアノ工房』 T.E.カーハート
愛の生活 森のメリュジーヌ』 金井 美恵子
川端康成集―片腕』 川端 康成
百年の孤独』 G・ガルシア=マルケス
お月さん』 桐江 キミコ
アクロイド殺し』 アガサ・クリスティー
昨日のように遠い日―少女少年小説選』 (編)柴田 元幸
霧のむこうに住みたい』 須賀 敦子
春琴抄』 谷崎 潤一郎
熊とにんげん』 ライナー・チムニク
鳥―デュ・モーリア傑作集』 ダフネ・デュ・モーリア
ガラスの鐘の下で―アナイス・ニン作品集』 アナイス・ニン
紅水晶』 蜂飼 耳
プラテーロとわたし』 J.R.ヒメーネス
ラピスラズリ』 山尾 悠子
パパの電話を待ちながら』 ジャンニ・ロダーリ


ことしは憧れの江國さんと‘おしゃべり’ができました♡
昨年に引き続き矢川澄子ブーム、そして新たなる風は南米文学。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2008〕

2008年、176冊の本を読みました。
心にのこった20冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。

寡黙な死骸 みだらな弔い』 小川 洋子
七つの人形の恋物語』 ポール・ギャリコ
ある家族の会話』 ナタリア・ギンズブルグ
悪童日記』 アゴタ・クリストフ
リンさんの小さな子』 フィリップ・クローデル
蟋蟀』 栗田 有起
ことば汁』 小池 昌代
人間の土地』 サン=テグジュペリ
海の上の少女―シュペルヴィエル短篇選』 ジュール・シュペルヴィエル
コルシア書店の仲間たち』 須賀 敦子
私的生活』 田辺 聖子
クレーン男』 ライナー・チムニク
サイゴン・タンゴ・カフェ』 中山 可穂
西瓜糖の日々』 リチャード・ブローティガン
燃えるスカートの少女』 エイミー・ベンダー
わがままなやつら』 エイミー・ベンダー
甘い蜜の部屋』 森 茉莉
受胎告知』 矢川 澄子
PAY DAY!!!』 山田 詠美
夢の車輪―パウル・クレーと十二の幻想』 吉行 淳之介


翻訳ものをこんなに積極的に読んだのは、何年ぶりのことかしら・・・。
矢川澄子さん、須賀敦子さんらの美しい日本語にうっとりと酔いしれました。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2007〕

2007年、184冊の本を読みました。
心にのこった20冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。

砂の女』 安部 公房
空飛ぶタイヤ』 池井戸 潤
ゴールデンスランバー』 伊坂 幸太郎
だりや荘』 井上 荒野
絵本を抱えて 部屋のすみへ』 江國 香織
がらくた』 江國 香織
日のあたる白い壁』 江國 香織
都の子』 江國 香織
三月は深き紅の淵を』 恩田 陸
クリスマスの思い出』 トルーマン・カポーティ
古都』 川端 康成
ハミザベス』 栗田 有起
裁縫師』 小池 昌代
タタド』 小池 昌代
一瞬の風になれ』 佐藤 多佳子
ヴィヨンの妻』 太宰 治
めぐらし屋』 堀江 敏幸
蝶々の纏足・風葬の教室』 山田 詠美
つむじ風食堂の夜』 吉田 篤弘
悪人』 吉田 修一


憧れの江國さんにまぢかでお会いすることがかなった年。
読みこぼしてきたものを中心に、日本の文豪ものもたくさん読みました。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2006〕

2006年、153冊の本を読みました。
心にのこった20冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。

終末のフール』 伊坂 幸太郎
泳ぐのに、安全でも適切でもありません』 江國 香織
すいかの匂い』 江國 香織
すきまのおともだちたち』 江國 香織
ホテルカクタス』 江國 香織
ホリー・ガーデン』 江國 香織
落下する夕方』 江國 香織
』 小川 洋子
薬指の標本』 小川 洋子
冷めない紅茶』 小川 洋子
シュガータイム』 小川 洋子
ミーナの行進』 小川 洋子
Presents』 角田 光代
神様』 川上 弘美
死亡推定時刻』 朔 立木
交換殺人には向かない夜』 東川 篤哉
告白』 町田 康
猫にかまけて』 町田 康
風味絶佳』 山田 詠美
それからはスープのことばかり考えて暮らした』 吉田 篤弘


専業主婦になったとたん、読書量がいっきに2倍に。(なのでベスト10→20に!)
江國さん、小川さんを追いかけ、町田さんに‘恋’をしました。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2005〕

2005年、80冊の本を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。

ぼくの小鳥ちゃん』 江國 香織
明日の記憶』 荻原 浩
ドミノ』 恩田 陸
溺レる』 川上 弘美
センセイの鞄』 川上 弘美
激流』 柴田 よしき
ナラタージュ』 島本 理生
幸福な食卓』 瀬尾 まいこ
家守綺譚』 梨木 香歩
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー


ことし、結婚しました。家族ものに涙することが多かったのはそのせい?
夫婦や親子のあり方について、考えさせられる本にたくさん出逢いました。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2004〕

2004年、78冊の本を読みました。
心にのこった12冊です(ことしは5つ星が12冊あったので、ベスト12に)。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。

アヒルと鴨のコインロッカー』 伊坂 幸太郎
重力ピエロ』 伊坂 幸太郎
陽気なギャングが地球を回す』 伊坂 幸太郎
いくつもの週末』 江國 香織
ウエハースの椅子』 江國 香織
九月の四分の一』 大崎 善生
博士の愛した数式』 小川 洋子
空中ブランコ』 奥田 英朗
ワイルド・ソウル』 垣根 涼介
弱法師』 中山 可穂
幻夜』 東野 圭吾
雪沼とその周辺』 堀江 敏幸


大豊作の一年。ベスト10におさまりきらず、うれしい悲鳴です。
そしてそして、ことしは記念すべき伊坂幸太郎元年!
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -