<< 『デ・ラ・メア幻想短篇集』 W.デ・ラ・メア、(訳)柿崎 亮*prev
『ウエハースの椅子』〔再読〕 江國 香織 >>*next
 

『クク氏の結婚、キキ夫人の幸福』 佐野 洋子

評価:
佐野 洋子
朝日新聞出版
¥ 1,050
(2009-10-07)

三人の愛人を持つクク氏の離婚、ともに再婚者であるキキ氏とキキ夫人の新生活はどのような悲喜劇を迎えるのか。
男女の三角関係と傷だらけの日々を、詩的な文章で痛快に描き出す、愛と痛みに満ちた物語。

佐野さんいわく「すけべで嫌らしい」、ちいさなちいさな小説2編。
なんとも正直であけすけで、ところどころに毒をふくませたお話は男の人も女の人もみんなドキっとさせてしまいそうです。
飾らないことば、みじかいセンテンス。だからこそいっそう真実にちかくて、こんなふうに心が丸裸にされるのかしら・・・。

どうでもいいや、そんな表現がぴったりのクク氏。
嫉妬心からふしぎな力を発揮してしまうキキ夫人。
うねうねとまじわる男と女の、さっぱりとしてなまなましい、これは大人の童話です。
Author: ことり
国内さ行(佐野 洋子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -