<< 『眠れる美女』 川端 康成*prev
『青い城』 モンゴメリ、(訳)谷口 由美子 >>*next
 

『くまの楽器店』 安房 直子、(絵)こみね ゆら

評価:
安房 直子
小学館
¥ 1,620
(2009-08-27)

野原の真ん中に、くまの楽器店はありました。
かんばんには、「ふしぎや」とかかれています。
そこでは、ふしぎなふしぎな楽器が、たくさんありました。
お客さんが、すてきな気持ちになる楽器なのです。

『ふしぎなトランペット』、『月夜のハーモニカ』、『野原のカスタネット』、『さむがりうさぎのすてきなたいこ』の4つのおはなし。
「ふしぎや」には、かわいい男の子や、元気のないおじさん、おなかをすかせたねずみの子供、寒がりやのうさぎたちがやってきます。店主のくまさんは、それぞれのお客さんにぴったりの楽器を勧めてくれるのです。

「そんなら、いいものをあげましょう」
おっとりとして、ほわっとつつみ込んでくれそうなくまさんの人柄に癒されて、いつしかやさしい気持ちになっている絵本。私も「ふしぎや」に行ってみたいな・・・そしたらくまさん、私にはどんな楽器を勧めてくれる?
Author: ことり
国内あ行(安房 直子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -