<< 『モンテ・フェルモの丘の家』 ナタリア・ギンズブルグ、(訳)須賀 敦子*prev
『わたしのメルヘン散歩』 矢川 澄子 >>*next
 

『太宰治 滑稽小説集』 太宰 治

評価:
太宰 治
みすず書房
¥ 2,520
(2003-05)

「滑稽小説」に分類されるお話ばかりを集めた太宰治さんの短編集。
『おしやれ童子』、『服装に就いて』、『畜犬談―伊馬鵜平君に与へる』、『黄村先生言行録』、『花吹雪』、『不審庵』、『親友交歓』、『男女同権』の8編を収録しています。

一ばんおもしろかったのは、『畜犬談』。犬ぎらいの主人公が小犬に好かれてしまうお話で、私は頁のまえでくすくすくすくす・・笑いが止まりませんでした。
とにかく地の文章が可笑しくて、それにお話を読んでいると迷惑そうにいやがる主人公と彼にまつわりつく小犬の様子が頭のなかで生き生きと動きまわって、笑わずにはいられない、そんな描写がつぎからつぎへとくり出されていくのです。
主人公はしかたなく小犬をポチと名づけて飼いはじめます。ある日一家の引っ越しが決まり、ポチは捨てられることに。その時の奥さんとの会話がまた可笑しくて・・・。
「連れていつたつて、いいのに。」家内は、やはりポチをあまり問題にしてゐない。どちらでもいいのである。
「だめだ。僕は、可愛いから養つてゐるんぢやないんだよ。犬に復讐されるのが、こはいから、仕方なくそつとして置いてやつてゐるのだ。わからんかね。」
「でも、ちよつとポチが見えなくなると、ポチはどこへ行つたらう、どこへ行つたらうと大騒ぎぢやないの。」
ああ・・・ちっとも素直じゃない主人公・・・。
素直じゃない、といえば『黄村先生言行録』、『花吹雪』、『不審庵』(この3編は連作です)にでてくる黄村先生もひとくせあるおかしな存在で、私にとってこの短編集は「ポチ」と「黄村先生」に尽きるかも・・・。
どのお話も、どこか滑稽で世間からちょっとずれた場所にいるような人びとが魅力たっぷりに描かれていておもしろかったです。ことしは太宰治生誕100年の年。区切りの年に、新たな一面を知ることができてうれしい。
Author: ことり
国内た行(太宰 治) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -