<< 『雨、あめ』〔再読〕 ピーター・スピアー*prev
『プラテーロとわたし』 J.R.ヒメーネス、(訳)長南 実 >>*next
 

『噂』 荻原 浩

評価:
荻原 浩
新潮社
¥ 660
(2006-02)

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

仕組まれたひとつの都市伝説と、少女の足首を切り落とすという殺人鬼。
小暮刑事と名島警部補が「チーム」となって事件の核心にせまっていくドキドキのストーリー展開に、いっきに読み進めました。
口コミに惑わされる人間心理の分析からはじまるこのお話は、年頃の娘をもつ父親の心配、刑事としての昇進願望など、人びとの繊細な心のうちをつぎつぎに覗かせます。肝心の「レインマン」の心理描写がちょっぴりもの足りない気もしてしまったのですが、でも、読み手のことをお話のなかに引き込んで、そして誘導する・・・みごとだなあと思いました。だって、まさかこんなラストを迎えるなんて思ってなかった!

物語もあと数ページ。犯人も分かって、心がほっこりするようなあたたかな場面。
よかったよかった・・とにこやかに読み進めていただけに、
「!!!!!」
あまりの衝撃に、絶句。いまだに頭の芯がぼんやりしている私です。そしてすぐさまお話の前のほうにもどってみては、伏線の緻密さに改めてびっくりするのです。
ハラハラしたい方、騙されたい方に。
Author: ことり
国内あ行(荻原 浩) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -