<< 『BとIとRとD』 酒井 駒子*prev
『尾形亀之助詩集』 尾形 亀之助 >>*next
 

『サーカス物語』 M・エンデ、(訳)矢川 澄子

ミヒャエル・エンデさんの物語。いつもながら、奥深くて風刺が効いています。
これは戯曲なのですが、物語のなかに物語があり、それらがしだいにまじわっていく・・・そんな愛と幻想にあふれたもの。

廃業寸前のサーカスの一座には、エリという知恵遅れの少女がいました。
みすぼらしいサーカスワゴンを工事現場の空き地に停めて、メンバーが今後について話し合っていると、大きな工場が、(有害な)化学薬品の宣伝をすることを条件にサーカスを買いとってくれる話が舞い込みます。けれどもその契約に、エリはふくまれていませんでした・・・。
やさしい道化師ジョジョは、エリが王女となって登場する「明日国(あしたのくに)」の物語を語りはじめ、ここからもうひとつの物語が始まります。
ジョアン王子にあこがれて、自分の面影をのせた魔法の鏡を王子さがしの旅に出すエリ王女。ジョアン王子の治める「明日国」は、自由にみち暴力もなく、遊びが聖なるものと唱えられ、いうまでもなく心のなかのユートピアでした。ところが王子は大蜘蛛アングラマインにだまされ、国を追われてしまい――・・・

やがて、いつしか「明日国」とサーカス一座の現在が重なりあっていきます。
あやつり人形のように意志も気力もうしなっているアングラマインの国の人びと、おそろしい深淵。サーカスワゴンの背後では、工場地帯の騒音と、せまり来るブルドーザー。ジョアン王子はエリ王女と出逢い、夢みる国「明日国」をとり戻せるのでしょうか。そうしてサーカスのみんながえらんだ道は・・・?
エンデさんは現代社会のさまざまな‘毒’をこのお話に投影し、私たちに語りかけてくれるよう。そっと胸に手をあてて、なにが一ばん大切なのかをひとりひとりが見失わないようにする・・・むずかしいけれど、そういうことなのかな?なんて思いました。
白地に紺色が際だつ司修さんの版画が、きっぱりと清潔ですばらしく良い雰囲気!

(原題『DAS GAUKLERMÄRCHEN』)
Author: ことり
海外ア行(エンデ) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -