<< 『不幸な子供』 エドワード・ゴーリー、(訳)柴田 元幸*prev
『アナイス・ニンの少女時代』 矢川 澄子 >>*next
 

『トコトワ』 山内 麻美

評価:
山内 麻美,笠井 きみよ
未知谷
¥ 2,160
(2008-08)

ある日、僕は家を出た。ママから逃げてきた。
そして、遠い小さな港町で出会ったイカ釣りのおじいさん、黒ネコ、女の人・・・そこで見つけた、大切なもの――

「トコトワ」・・・不思議なひびき。しあわせなお菓子みたいにかわいらしくて、でもどこか、せつないひびき。
ちいさい頃、とれたボタンをいつのまにかつけておいてくれた母。
いつも笑顔で「おかえり」を言ってくれた母。
母がむかし読んでくれた絵本、母が干してくれたふとんで眠った夜・・・
さりげないけれども、しっかりとからだで感じた母の愛情。
つつみ込むように見守ってくれている人たちや、忘れかけていた大切なことなどをたくさん思い出して、ランプが灯るようにほんわりやさしい気持ちになれました。
モノクロームでありながら、チャウダーの湯気やクリスマスの楽しげな雰囲気、ネコや子リスのフカフカした毛並まで。たしかな温度で伝わってくる笠井きみよさんの版画もすてき。
 
老人が僕を傍らに置いてくれたように、僕も自分の大切な場所にほかの誰かを受け入れることができるだろうか。

「トコトワ」・・・漢字で書くと「常永久」なのだそうです。
Author: ことり
国内や・ら・わ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -