<< 『f植物園の巣穴』 梨木 香歩*prev
『不幸な子供』 エドワード・ゴーリー、(訳)柴田 元幸 >>*next
 

『ギャシュリークラムのちびっ子たち―または 遠出のあとで』 エドワード・ゴーリー、(訳)柴田 元幸

わお!
なにも知らずに手にしてみたら、とんでもなくブラックな絵本でした。
エドワード・ゴーリーさん・・・以前読んだ『うろんな客』はシュールななかにもきょとんとした楽しさがあったんだけどな・・・。
でもこの細密な線画とリズミカルな訳文は相変わらずのすばらしさです。

純粋な「ちびっ子たち」にはまちがってもおすすめできないので、ママは要注意。
このお話を上質なユーモアだと受けとめられたら、あなたは‘大人’・・・かも??

(原題『The Gashlycrumb Tinies or,After the Outing』)

Author: ことり
海外カ行(ゴーリー) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -