<< 『いつか記憶からこぼれおちるとしても』 江國 香織*prev
『こうばしい日々』 江國 香織 >>*next
 

『アリスの国―高級少女文芸誌 VOL.1』 松本 隆、大島 弓子、坂田 靖子、江國 香織、めるへんめーかー、原田 治、小林 麻美、堀田 あけみ

評価:
松本 隆,大島 弓子,坂田 靖子,めるへんめーかー,江国 香織,原田 治,長野 まゆみ,小林 麻美,堀田 あけみ,川村 真澄
河出書房新社
---
(1990-07)

はじめて入った古本屋、片すみのほんのりと昏い場所。
うすく儚げなパラフィン紙にくるまれて、きっとこの本は私を待っていた、そう思った。
捨て猫を抱きかかえるようにして、たいせつに抱いて帰るあいだじゅう、私の胸はぽわぽわとあたたかくて幸せだったのです。
――『アリスの国』。「高級少女文芸誌」なんて銘打ってある、最高にオトメでレトロな佇まい。

ばら色の愛らしいキューピッドたちがあしらわれた扉をひらくと、1990年頃のなつかしくファンシーな空気がページのむこうからあふれ出てきました。この空気のなかにたしかに存在していたティーンの頃。制服に身をつつみ、恋愛小説や流行りのファッション、ユニコーン(奥田民生)に夢中だったあの頃の私。いまとなっては、‘ふしぎの国’でのできごとみたいに遠くまぶしい日々です。只中にいるときは、もちろん窮屈でつまらないことも多かったはずなのに。
美しい幻夜もひみつの魔法も、ときめきや憧れ、気恥ずかしいくらいの青さもぜんぶお花もようの夢にくるんで、いつでも私をあの頃へとつれ去ってくれるそんな本になりました。その後、VOL.2は出されていないのも、気まぐれな感じでいいな。

『風邪をひいたアリス』 松本 隆、(絵)大島 弓子
『雪のしあわせ』 坂田 靖子
『絵本・少年アリス』 長野 まゆみ
『ゆるい眠り』 江國 香織
『迷宮のオブジェ』 小林 麻美
『キュートな事情』 あさくら せいら
『水族館の夜』 渡邊 十絲子
『Miss Broomのお引っ越し』 めるへんめーかー
『Spirits』 きたの じゅんこ
『Dream Sticker』 神沢 礼江
『Osamu Goods' Heaven』 原田 治
『アナザー・デイ』 川村 真澄
『Demos and Phobos』 松井 五郎
『ココナッツ・ハート』 河野 千鶴子
『指輪』 松本 小雪
『ボクの憂鬱』 堀田 あけみ
Author: ことり
アンソロジーなど | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -