<< 『ひとさらい』 ジュール・シュペルヴィエル、(訳)澁澤 龍彦*prev
『秘密の花園』〔再読〕 バーネット、(訳)土屋 京子 >>*next
 

『キスなんてだいきらい』 トミー・ウンゲラー、(訳)矢川 澄子

評価:
トミー・ウンゲラー
文化出版局
¥ 1,020
(1974-01)
おとなぶりたい年頃のパイパー、
いつまでも子どもあつかいするかあさんとけんかばかり。
なにかにつけてキスしようとするかあさんに、「するもんか」と言い放ちます。

反抗期の男の子の心理がみずみずしく描かれた絵本。
表情ゆたかな猫たちの絵と矢川さんのはずむようにリズミカルな訳に、ワクワク。

(原題『NO KISS FOR MOTHER』)
Author: ことり
海外ア行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -