<< 『のろのろひつじとせかせかひつじ』 蜂飼 耳*prev
『魚神』 千早 茜 >>*next
 

『なんといふ空』 最相 葉月

評価:
最相 葉月
中央公論新社
¥ 620
(2004-06)
会社勤めをしていた頃の忘れがたい思い出「わが心の町 大阪君のこと」、小学生時代の不思議な体験「側溝のカルピス」、競輪の取材をしていた頃に出会った名選手へのオマージュ「鬼脚の涙」――懐かしく、切なく、甘くそして苦い記憶の数々を繊細な筆致で綴った珠玉の四十八篇。『絶対音感』『青いバラ』の著者による初のエッセイ集。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -