<< 『或る少女の死まで 他二篇』 室生 犀星*prev
『アンドゥ』 高山 なおみ、(絵)渡邉 良重 >>*next
 

『ブローチ』 内田 也哉子、(絵)渡邉 良重

評価:
内田 也哉子
リトル・モア
¥ 1,851
(2004-12-24)

むかし むかし
忘れものに 気付いたのは ずっと昔

表紙をひらくと、ウスバカゲロウの羽のように繊細な透ける紙。それが幾重にも重なっています。舌にのせるとあっというまにとけてなくなってしまいそうな、はかなく甘い砂糖菓子みたいな絵本。
どこまでもしずかに美しいイラストのなかで、也哉子さんのうたうような短い言葉たちは踊ります。ちいさな祈りとふるえる記憶を胸元にそっとかざって、澄みきったため息でむすぶ最後の言葉・・・。
ほんのりと下の絵がうかび上がるうす紙は、そのかさなり合いによって淡く幻想的な奥行きがうまれるのも愉しい。そうっとそうっと慎重に扱いながらめくっていると、まるでどんなものにもやさしく触れることのできる指先をもっているような、穢れのない素直な心地になってきます。
Author: ことり
国内あ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -