<< 『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川 洋子*prev
『紅水晶』 蜂飼 耳 >>*next
 

『わゴムはどのくらいのびるかしら?』 マイク・サーラー、(絵)ジェリー・ジョイナー、(訳)きしだ えりこ

評価:
マイク サーラー
ほるぷ出版
¥ 1,260
(2000-07)
ある日、ぼうやは、わゴムがどのくらいのびるか、ためしてみることにしました。部屋から外へ、バスで、汽車で、飛行機で、わゴムは、どんどん、どんどん、どんどんのびて・・・。
1976年刊の改訂新版。

きゃあ、いったいどこまでのびるのかしら!
ベッドのわくにひっかけたわゴムが、どんどんどんどん、のびていって・・・いったいどうなると思う?
生活になじみ実用的なわゴム。質素とも地味ともいえる、ありふれたゴムのわっか。だけどそれがこんなに夢いっぱいのお話になるのですね。アメリカンな色彩の陽気な絵たちがワクワク気分に拍車をかけます。とっても楽しい絵本。

(原題『HOW FAR WILL A RUBBER BAND STRETCH?』)
Author: ことり
海外サ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -