<< 『ふわふわしっぽと小さな金のくつ』 デュ・ボウズ・ヘイワード、(絵)マージョリー・フラック、(訳)羽島 葉子*prev
『ただならぬ午睡』 (選)江國 香織 >>*next
 

『酒井駒子 小さな世界』 酒井 駒子

評価:
酒井 駒子
学習研究社
¥ 1,470
(2008-06)

今や定番となった『よるくま』(偕成社)、ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)で金牌を受賞した『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)、名作を見事にリメイクした『ビロードのうさぎ』(ブロンズ新社)・・・。日本のみならず、世界からも新作絵本が待ち望まれる絵本作家・酒井駒子さんの作品は、まるで天からの贈り物のよう。子どもから大人まで心をとらえて離さない物語と、静ひつさをたずさえた芳醇で美しい絵。彼女の紡ぎ出す魔法に包まれた箱庭のような小さな世界を、酒井さんが自ら考えた10の言葉に導かれながら、一緒に旅しましょう。

酒井駒子さんの描きだすすばらしい世界を心ゆくまで堪能できます。
絵本づくりのとちゅうやラフスケッチ、彼女が大好きな絵本たちの紹介など、駒子さん好きにはほんとうにたまらない内容。(あっ、かき下ろし絵本も入っています。)

少年少女、よりもまだそのまえの段階の幼い子供たちが描かれることの多い彼女の絵。目にするたびに私はいつもドキドキしてしまうのですが、はちはちした手足やぷっくり愛らしい表情の背後にひそむ漆黒の闇に、子供というのは可愛らしいだけじゃなく、孤独で残酷で、いつも不安にみちていたことを思い出すのかもしれません。

長い人生の、ほんの束の間のひととき。
その心細いほどの美しさに、どの頁をひらいてもうっとりします。永久保存版。
Author: ことり
国内さ行(酒井 駒子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -