<< 『あなたはそっとやってくる』 ジャクリーン・ウッドソン、(訳)さくま ゆみこ*prev
『婚礼、葬礼、その他』 津村 記久子 >>*next
 

『ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語』〔再読〕 ペーター・ニクル、(絵)ビネッテ・シュレーダー、(訳)矢川 澄子

マチアスくんは、ある日ちいさな白い機関車を完成させたが、工場長にとりあげられてしまった。がっかりして町を出ていったマチアスのあとを追って、ちいさな機関車のふしぎな旅がはじまる。

ちいさく白い妖精のようなお嬢さん機関車が、つくり手のちびのマチアスを追って山のお城や荒れ野、石炭山のなかを駆け抜けていくおはなしです。
隅々までたんねんに描きこまれた、魔法みたいに幻想的で美しいシュレーダーさんの絵がほんとさいこうに魅力的。
思わず惹きこまれ、時間を忘れてぼうーっと見入ってしまう絵本です。

(原題『Ra ta ta tam. Die seltsame Geschichte einer kleinen Lok』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -