<< 『赤い竪琴』 津原 泰水*prev
『薬指の標本』 小川 洋子 >>*next
 

『風が強く吹いている』 三浦 しをん

評価:
三浦 しをん
新潮社
¥ 1,890
(2006-09-21)
「箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら」
才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二(ハイジ)と蔵原走(かける)。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった10人で。それぞれの「頂点」をめざして・・・。
大切なのは速さでなく、強さだ。強くなければ、箱根は走れない。
新直木賞作家が5年の歳月をかけて放つ、書下ろし1200枚。超ストレートな大型青春小説。

読んでよかった、心からそう思える本でした。まるで私までもがなにかを成しとげたような爽快感が、読み終えたいまもずっと続いて。
マラソンとはちがう‘駅伝’。走ること・・それ自体は個人競技であるけれど、襷をつないで、気持ちをつないで、みんなでまだ見ぬ高みをめざし、みんなでひとつの結果をもたらす。仲間と、思いをひとつにして。

小さな頃から、毎年家族でリビングに集まり観ていた「箱根駅伝」。イトコのお兄ちゃんが出るというのでも親戚一同盛りあがった、私にはちょっぴり特別な大会です。
このお話は、おんぼろアパート・竹青荘に住む寛政大の学生たち――王子、ムサ、ジョータ、ジョージ、神童、ユキ、ニコチャン、キング、走――が、おなじく竹青荘の寛政大生・ハイジの呼びかけにその気になり、箱根駅伝に挑むという物語。
10人中7人が陸上初心者。彼らがたった10人で、たった1年たらずで箱根駅伝に出場する・・・じつは、この設定に無理を感じてしまった私・・・。いくら長距離が「天分と努力の天秤が、努力のほうに傾いている種目」とはいえ、そんなにあまい世界じゃないのに、って。
「箱根駅伝」の規則やコース、伝説にはかなり忠実なお話だから、かえってそれが際だってしまったのかな。私自身の駅伝経験(学生時代、私は短距離選手だったのだけど、長距離部員不足で毎年駅伝にも出ました・・・ほんと大変でした)や、‘箱根’のすごさ・凄まじさを毎年テレビで目の当たりにしてきたせいもあったかもしれません。

・・・だけど読み進めていくうちに、これはそういうことを気にしながら読む本じゃないなぁと、なかば反省にも似た思いを抱いていった私なのです。
頁をめくるごとに高ぶる思い、こみあげる涙。10人の過去と、それぞれの未来。あふれてくる感情にそっと身をまかせたとたん、よけいな力がぬけて、いろんな記憶がないまぜになって私に押しよせました。
きびしかった練習、痛めたヒザ、大会直前の興奮と緊張、凍てつく空気、耳をつんざく風音、口のなかいっぱいに広がる血の味と、やがてやってくるランナーズ・ハイ。
風を切って走れることの幸せ。走るってなんてすばらしいんだろう・・・!

ほんとうの「強さ」の意味をおしえてくれる、まっすぐな物語。
これから読まれる方は、私みたいにこまかなことは気にせずに、どうか読んでみて。
直木賞受賞作もいいけれど、私はこちらをおすすめします。
Author: ことり
国内ま行(三浦 しをん) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -