<< 『ことば汁』 小池 昌代*prev
『ワイズ・ブラウンの詩の絵本』 マーガレット・ワイズ・ブラウン、(絵)レナード・ワイスガード、(訳)木坂 涼 >>*next
 

『モダンタイムス』 伊坂 幸太郎

評価:
伊坂 幸太郎
講談社
¥ 1,785
(2008-10-15)
徴兵制が実施されている数十年後の日本。『魔王』の続編にあたる物語です。
『魔王』を読んでいなくても大丈夫そうかな。でも、読んでからのほうがいいですよ、絶対。

主人公は、システムエンジニアで恐妻家の渡辺拓海。
彼は会社の先輩・五反田が途中で投げ出し失踪したあるやっかいな仕事を同僚の大石倉之助とともに引き継ぎます。なにやら謎めいた会社の、URLすら分からない出会い系サイトのシステム修正。単純な作業に見えた仕事でしたが、そこには検索語をチェックするプログラムが埋め込まれていて、特定のキーワードにたどり着いた者は何者かに監視され、ことごとく災難に巻き込まれてしまうのです。
そのことに気づいた渡辺は、友人で小説家の井坂好太郎(!)や妻・佳代子の力を借りて、目に見えない大きな敵に立ち向かいますが・・・?

少しずつうかび上がる、キーワードの意味する謎、見えない敵の正体――情報社会の善と悪が、伊坂さんらしい切り口でユーモアたっぷりに描かれていきます。
それから、このお話を語るのに欠かせないのがチャップリンの映画たち。とくに同名映画『モダン・タイムス』の、オートマチック化された工場で翻弄される人びとに、登場人物たちは自分たちのことを重ね合わせます。
「仕事だから。」「そういうシステムになっているから。」
だけどいくら社会の大きなシステムの一部分として動いているように見えても、人ってほんとうは、もっと小さな目的のために動いている・・・大きなことを成そうとするよりも自分の目の前にある身近なことから少しずつ変えていくことのほうが、ずっとずっと大切なんだね・・・この本を読んでいて、私がつよく感じたこと。
ひとりひとりがもっている小さな物語、ささやかな幸せや思い出たち、それを守り抜くことが、一ばんの「勇気」なのかもしれません。

人生は要約できない。
要約した時に抜け落ちる部分こそが、その人の人生なのだ。
Author: ことり
国内あ行(伊坂 幸太郎) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -