<< 『寡黙な死骸 みだらな弔い』 小川 洋子*prev
『クレーン男』 ライナー・チムニク、(訳)矢川 澄子 >>*next
 

『アカペラ』 山本 文緒

評価:
山本 文緒
新潮社
¥ 1,470
(2008-07)

じっちゃんと二人で生きる健気な中学生(『アカペラ』)、20年ぶりに田舎の実家に帰省したダメ男(『ソリチュード』)、無職で病弱な弟と暮す50歳独身の姉(『ネロリ』)。
市井の片すみで静かにそーっと生きている彼らの人生を描き、温かな気持ちをよび起こす3つの物語。

体調をくずし、しばらく筆を置かれていた山本文緒さんの復帰作です。
私が今まで読んできた彼女の本は、どちらかといえば女性にたいして鋭い視点で描かれていて、「ほんとうにそのままでいいの?」となにかキリキリしたものをこちらに突きつけてくるような厳しさも感じていたのですが、この本はそんなヒステリックな毒気のあるものとは少し違っています。
ちょっぴりいびつではあるけれど、読み終えたあとで心がじんわり温かくなる・・・そういう家族のお話たちは、闘病生活のなかで経験として感じたものもたくさん反映されているのかもしれません。

『ソリチュード』のなかで、友人が主人公を「優柔不断なのではなくて、融通がきかなすぎるんだ」とたしなめる場面があります。
「まわりの女のお願い、全部叶えられるわけねえじゃん。それ義理堅いっていうより傲慢よ。何でもかんでも背負い込もうとするから、逃げたくなるほど重くなるんじゃないの?」
他人に嫌われたくなくてついいい顔をしちゃうこと・・・ふだんそういうところのある私は思わずドキっとしてしまいました。
そして愛情をともなった柔らかな視線から、人にたいする深い洞察力が感じられた時、数年間の苦しい日々を経て変わったものや得たもの、失くしたものも多いだろうその一方で、やはりちっとも変わらない文緒さんらしさも見つけられて嬉しくなりました。
これからもお休みしながらゆっくりとご自分のペースでお話を書いてほしい、そう願う私です。
Author: ことり
国内や・ら・わ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -