<< 『くまとやまねこ』 湯本 香樹実、(絵)酒井 駒子*prev
『放課後の音符』 山田 詠美 >>*next
 

『古書店アゼリアの死体』 若竹 七海

勤め先は倒産、泊まったホテルは火事、怪しげな新興宗教には追いかけられ・・・。不幸のどん底にいた相沢真琴は、葉崎市の海岸で溺死体に出合ってしまう。運良く古書店アゼリアの店番にありついた真琴だが、そこにも新たな死体が!事件の陰には、葉崎市の名門・前田家にまつわる秘密があった・・・。
笑いと驚きいっぱいのコージー・ミステリの大傑作。

前作『ヴィラ・マグノリアの殺人』とおなじく、神奈川県の架空の町・葉崎市が舞台。
おもな登場人物はがらりと変わっているのですが、読んでいるうちにヴィラ・マグノリアの住人たちがちらほら出てきたりして、さりげなくリンクしているのが楽しい。
そしてなんといっても古書店アゼリアの紅子さんが、きっと一ばんの魅力。

名門・前田家の過去を掘り起こし、こじれにこじれた人間関係すべてが明るみに出たとき、うかび上がってくる事件の真相。若竹さんのミステリーはほんとうに登場人物が多く、誰もかれもが怪しく見えてくるので困ってしまいます。
どたばた劇でありながら、読み手がどきっとするような毒をふくませて終わるラストはくせになりそう!
Author: ことり
国内や・ら・わ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -