<< 『きんのたまごのほん』 マーガレット・ワイズ・ブラウン、(絵)レナード・ワイスガード、(訳)わたなべ しげお*prev
『モモ』〔再読〕 ミヒャエル・エンデ、(訳)大島 かおり >>*next
 

『そして誰もいなくなった』 アガサ・クリスティー、(訳)清水 俊二

さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。そして童謡のとおりに、一人また一人と・・・ミステリの女王の最高傑作。

孤島に集められた人びとが、謎の人物に一人ずつ殺されていき、最後には誰ひとりいなくなる・・・あらすじだけはずっと以前からなんとなく見聞きして知っていたのに、じっさいに読んだのはこれが初めて。
いったい誰が犯人なのか・・・自分以外の全員を疑いながら、ひとりひとり殺されていくメンバーたち。殺されること、それだけが犯人ではなかったという証明。極限まで追い込まれていく登場人物のこわれそうな心理描写が、読み手にも臨場感たっぷりに伝わってきて、恐怖におびえながらもいっきに読み終えてしまいました。

まるで神による裁きとも思えるほどの殺人劇ですが、もちろんそんなことはなくて、最後の最後ですべてがきちんと明かされます。
お見事!というしかないこの感じは、初めて松本清張さんのミステリーを読んだときにとてもよく似ている・・・そんなことを思った私です。たしかに、傑作!

(原題『And Then There Were None』)
Author: ことり
海外カ行(クリスティー) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -