<< 『ホテル・アイリス』 小川 洋子*prev
『雨男、山男、豆をひく男』 小池 昌代 >>*next
 

『猫のあしあと』 町田 康

評価:
町田 康
講談社
¥ 1,728
(2007-10-19)

猫にかまけて』につづく、町田康さんの猫エッセイ第2弾。
ヘッケやココアが死んでしまい、あとにのこされた町田夫妻とゲンゾーや奈奈。でもそこにボランティア団体から預かった‘元のら猫’(シャア、ニゴ、トラ、ウメチャン、エル)が加わって、町田家はまたまたたいへんなことになっています。
保護した野生の猫は、もちろん撫でることなどできないし、目が合っただけで隠れてしまう猫が多く、病気をしていてもすぐには知れないし、病院に連れて行くのも怖がって大変である。野生の猫がなぜそんな態度をとるかというと、そこをすぐ誤解する人が多いのだが、性格が悪いからではなく、そうしないと生きてこられなかったからで、自分を助けようとする者すら怖がるのをみるにつけ不憫でならない。
家猫とはちがい、警戒心のつよい野生化した猫たち。この『猫のあしあと』ではそんな彼らをひきとったお話が中心に描かれていきます。

わっぴゃぴゃん。とくしゃみをしたり、「いやんいやん」と首をふったり、ぴょんかぴょんか走り去ったり。町田さん流のかわいらしいオノマトペや猫言葉の解釈に、自然と心がほころびます。けれどやっぱり動物を飼うというのはいい時ばかりじゃなく、愛猫が病気をしたり予期せぬ別れがあったりして・・・本を読み終えるまでの2時間ちょっと、私はくすくす笑ったりぽろぽろ涙をこぼしたり、忙しかったです。
動物を飼うということは、いわば他の命を預かるということで、他から預かったものは大事に扱って、いずれお返ししなければならない。
いまは動物を飼っていない私だけど、もしも今後飼うことがあったなら、こんな飼い主でありたいと思いました。けっして押しつけがましくないひと言ひと言に、気持ちがぴしっと引き締まるのを感じます。
ああ、町田さんの猫エッセイはやはりいいなあ。町田さん、好きだなあ。

最後になりましたが、今回も町田夫妻が撮りためた癒しの猫写真が満載です。
おなじくとても猫思いな奥様のことを、「家人」と記されているのも素敵なの。
Author: ことり
国内ま行(町田 康) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -