<< 『タタド』 小池 昌代*prev
『ぐるぐる猿と歌う鳥』 加納 朋子 >>*next
 

『有頂天家族』 森見 登美彦

評価:
森見 登美彦
幻冬舎
¥ 1,575
(2007-09-25)

時は現代。下鴨神社糺ノ森(ただすのもり)には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。

主人公は狸。さまざまなものに化け、天狗を師と仰ぐ・・・そんなウソみたいな設定をウソみたいにすんなりと受け入れてしまい、狸と天狗と人間たちが巻き起こす三つ巴騒動から目がはなせなくなっていました。
狸界を率いる「偽右衛門」だった偉大な父が人間たちに鍋にされ、遺された下鴨四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だけど土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。「私」・矢三郎はオモシロ主義がいきすぎて周囲を困らせ、弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。雷嫌いな母をまもって肩をよせあい暮らしています。
からだに流れる阿呆の血を誇り、とことん阿呆に徹する狸の一家。そんな彼らが「面白きことは良きことなり!」と一丸となって逆境に立ち向かう・・・家族の絆とつつみ込むような母の愛にいつのまにかほろっとさせられているのです。

人に化けた狸が携帯電話をつかい、コンビニで買い物、電車にだって乗ってしまう・・それが当たり前の世界。タカラヅカファンの母狸、毛玉にしかみえない狸の長老、美女にふられてやさぐれる天狗の先生など、想像するだけでころころと楽しくて。
緊張感の高まる場面がいくつもあるのに、主人公が狸だからなのかしら・・・、どこかほのぼのとしていて、オモシロおかしいのですよね。なんとなく、宮崎アニメな世界。
「これもまた、阿呆の血のしからしむるところだ。」
狸たちのささやきが聴こえてきそうです。
Author: ことり
国内ま行(森見 登美彦) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -