<< 『生まれる森』 島本 理生*prev
『絵本を抱えて 部屋のすみへ』 江國 香織 >>*next
 

『密室に向かって撃て!』 東川 篤哉

烏賊川市の外れ、鳥ノ岬にある十条寺食品社長宅に銃声が轟いた。撃たれたのは、偶然居合わせた「名探偵」鵜飼杜夫。
失われた銃声の謎と「衆人環視の密室」に、鵜飼とその弟子が挑む。書下ろし長編推理小説。

「烏賊川市」シリーズ第2弾、『密室の鍵貸します』の続編です。
流平くんがいつのまにか鵜飼探偵の弟子、朱美さんは二番弟子に。相変わらずの砂川警部・志木刑事にくわえ、不思議系お嬢様のさくらさんもここで登場。レギュラー陣がせいぞろいして、お話をドタバタ盛り上げてくれています。
さくらさんの花婿候補が殺されてしまう今回の事件、もちろん謎解きもしっかり堪能できる本格派。銃声をカウントダウンしてトリックをあばいていくところ・・「このときの銃声がじつはこうだったのね」と私もいっしょに数えて楽しみました。
本のなかを駆けまわる登場人物たちのおもしろおかしい言動をながめていたら、いつのまにか気持ちが軽くなってるみたい。論理性と脱力系のバランスがいつも絶妙の東川さんの本は、私と相性がいいようです。
Author: ことり
国内は行(東川 篤哉) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -