<< 『つむじ風食堂の夜』 吉田 篤弘*prev
『塩一トンの読書』 須賀 敦子 >>*next
 

『100万回生きたねこ』 佐野 洋子

評価:
佐野 洋子
講談社
¥ 1,470
(1977-01)
しあわせって、愛されることじゃなくて愛すること。
愛するって、自分のことより大切におもうこと。
だれかのために泣けること。

たった31ページ。
だけどこの一冊だけで、おおくのことを伝えられる絵本。
かなしいけれど、あたたかなものが残ります。

100万回読んで、100万回泣きたい。
Author: ことり
国内さ行(佐野 洋子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -