<< 『金曜日の砂糖ちゃん』 酒井 駒子*prev
『こうちゃん』 須賀 敦子、(絵)酒井 駒子 >>*next
 

『黄昏の百合の骨』 恩田 陸

「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り、家は処分してはならない」――イギリスに留学していた高校生の理瀬は、亡き祖母の遺言により帰国、幼いころに暮らしていた洋館に住むことに。
ユリの香がたえず、「魔女の家」とよばれるその館には叔母の梨南子・梨耶子姉妹がすでに住んでいて、理瀬は見張られているようで油断できない。
そして付近でつぎつぎに起こる奇怪な事件。館には「R」あての脅迫状が舞いこみ、理瀬の友人・朋子の飼い猫が毒殺され、朋子に憧れる賢一が失踪する。
朋子と賢一の共通の友人・雅雪や、朋子の弟・慎二が理瀬の身を心配するなか、祖母の一周忌のために従兄の稔と亘が洋館にもどってきて・・・。

もともとは『三月は深き紅の淵を』から派生した『麦の海に沈む果実』、その世界はどんどんふくらみをみせ、理瀬の幼少時代のお話『睡蓮』(『図書室の海』所収)、理瀬が去った学園をヨハン目線で描いた『水晶の夜、翡翠の朝』(『朝日のようにさわやかに』所収)・・・そしてこの本は『麦の海―』のラストで学園を退いた理瀬のその後、高校時代を描きます。
陰謀うずまくいわくつきの古い洋館を舞台に、じっとりとうかび上がる「過去」たち。登場人物すべてが怪しくみえるモノローグ。それぞれの思惑と疑心暗鬼が交錯し、緊張感がいっきに高まる本格ミステリーです。伏線が張りめぐらされていることは読んでいる最中にも分かるのに、それがどう回収されていくのか・・・予測のつかない展開に最終章ではほんとうに驚かされてしまいました。
しかもこのシリーズ、まだまだ続きがありそう。ラストでふくみをもたせてあったので、その後の雅雪や慎二たちにもまたいつか、出会えそうです。たのしみ!

悪は全ての源なのだ――善など、しょせん悪の上澄みの一部に過ぎない。悪を引き立てる、ハンカチの縁の刺繍でしかないのだ。
Author: ことり
国内あ行(恩田 陸) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -