<< 『供花』 町田 康*prev
『夜は短し歩けよ乙女』 森見 登美彦 >>*next
 

『黒と茶の幻想』(上・下) 恩田 陸

目の前に、こんなにも雄大な森がひろがっているというのに、あたしは見えない森のことを考えていたのだ。どこか狭い場所で眠っている巨大な森のことを。
学生時代の同級生だった利枝子、彰彦、蒔生、節子。卒業から十数年を経て、4人はY島へ旅をする。太古の森林の中で、心中に去来するのは閉ざされた『過去』の闇。旅の終わりまでに謎の織りなす綾は解けるのか・・?華麗にして「美しい謎」、恩田陸の全てがつまった最高長編。

三月は深き紅の淵を』内側第一部のお話がそのまま一冊の本になったもの。
いまはそれぞれの生活をいとなむ4人が再会し、非日常な旅の途中で過去の謎にせまります。学生時代の友人って、いま会ってもすぐに‘あのころ’に戻れてしまう・・・それは‘青春’という特別でキラキラしたかぎられた時を、おなじ空間で過ごし共有したから。
旅行中になにか事件が起こるわけではなく、あくまでもそれぞれの心に封印されていた「過去の事件」や「美しい謎」たちを回想をまじえ分析・推理していくお話です。それが屋久島の濃い緑や深い霧、樹齢何千年もの縄文杉・・・神秘的な大自然の景色たちとまざりあって独特の雰囲気をかもし出しています。

「過去の事件」の中心にいるのは梶原憂理(ゆうり)。そう、あの憂理なのですね。
女優をめざす彼女が大学時代におこなった一人芝居『春の鐘』は、『麦の海に沈む果実』の舞台だったあの学園でのお話がもとになっていて、シリーズ間の相互関係もたのしめます。
Author: ことり
国内あ行(恩田 陸) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -