<< 『ワイルド・ソウル』 垣根 涼介*prev
『肩ごしの恋人』 唯川 恵 >>*next
 

『グラスホッパー』 伊坂 幸太郎

評価:
伊坂 幸太郎
角川書店
---
(2004-07-31)

復讐。功名心。過去の清算。それぞれの思いを抱え、男たちは走る。
3人の思いが交錯したとき、運命は大きく動き始める・・・。
クールでファニーな殺し屋たちが奏でる狂想曲。書き下ろし長編。

うーーん。おもしろいんだけど、でも。私好みのお話ではなかったかな・・・。
やはりそれは、視点のせいだと思うのです。3人の語り手のうち、妻を殺されてしまった「鈴木」以外は2人とも――「蝉」も「鯨」も、人を殺してもなんとも思わない殺し屋だなんて。
これはつくり話なのだし、割りきって楽しめたらそれが一ばんいい。頭では分かっていても、どうしても気持ちが入っていかなくて、そのことがとても残念だった私です。
伏線の張り方や洒脱な会話などは、伊坂さんらしさが味わえてよかった。
Author: ことり
国内あ行(伊坂 幸太郎) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -