<< 『ALONE TOGETHER』 本多 孝好*prev
『アヒルと鴨のコインロッカー』 伊坂 幸太郎 >>*next
 

『モンテロッソのピンクの壁』 江國 香織、(絵)荒井 良二

あるところに、ハスカップといううす茶色の猫がいました。
ハスカップは寝ているのが大好き。
ある日夢で見たピンクの壁。
「その場所こそ、私がどうしてもいかなきゃならない場所なんだわ」
それが、モンテロッソのピンクの壁。ハスカップは旅に出ます。
「モンテロッソへ、モンテロッソへ、いかなくちゃ。」

荒井良二さんの絵が、しあわせなお菓子みたいに可愛くて、見とれてしまいました。
カラフルで、あったかくて、ほほえましくて・・・、このおはなしにはこの絵以外ないんだろうな。
旅の途中には、いろんなものがハスカップを待ちうけています。
それでもハスカップはまっすぐに、モンテロッソをめざします。
なぜって。いかなくちゃならないから。

「いかなきゃならない場所」がある猫の、少し不思議な香りのただよう絵本。
Author: ことり
国内あ行(江國 香織) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -