<< 『幸福な食卓』 瀬尾 まいこ*prev
『ドミノ』 恩田 陸 >>*next
 

『家守綺譚』 梨木 香歩

評価:
梨木 香歩
新潮社
¥ 1,470
(2004-01)

たとえばたとえば。サルスベリの木に惚れられたり。床の間の掛軸から亡友の訪問を受けたり。飼い犬は河童と懇意になったり。白木蓮がタツノオトシゴを孕んだり。庭のはずれにマリア様がお出ましになったり。散りぎわの桜が暇乞いに来たり。と、いった次第の本書は、四季おりおりの天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。

扉絵を開けひとたび読み進めると、そこに広がるのは不思議な世界とのつながりを随所にのこした古き良き時代の日本。
「綿貫征四郎の著述せしめた随筆」という体でしたためられたこの物語は、私たちが‘空想’とするような事がらが、ごくごく身近に起こります。
あちらの世界とこちらの世界の境界を感じさせず、まるで子供の頃に親しんだおとぎの国にするりと迷いこんでしまったような、どこかなつかしい心持ちがするのです。
私のまわりの雑音はすべて消えうせ、時はゆったりとした歩みをみせ、感じるのは疏水のせせらぎ、草木のさざめき、小鳥の啼き声と清んだ風・・・。

それから午後はサルスベリの根方に座り、本を読んでやる。(中略)サルスベリにも好みがあって、好きな作家の本の時は葉っぱの傾斜度が違うようだ。ちなみに私の作品を読み聞かせたら、幹全体を震わせるようにして喜ぶ。かわいいと思う。
まだ日本人が自然と対等に語りあうことができた時代、河童や小鬼や植物の精たちと‘共存’していた時代に思いを馳せました。文明と引きかえに私たちが忘れてきてしまった大切なものをよび覚ましてくれる一冊。
四季折々を美しい日本語で綴った不思議な物語に、心が浄化されていくようです。
Author: ことり
国内な行(梨木 香歩) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -