<< 『さくら』 西 加奈子*prev
『火車』〔再読〕 宮部 みゆき >>*next
 

『オーデュボンの祈り』 伊坂 幸太郎

いつも大胆な発想で私を魅了する、伊坂幸太郎さんのデビュー作です。
いまさらながら手にしたデビュー作だったのだけれど、なんて奇妙な味わい!
特異なキャラクターと奇想天外なストーリー、その才能の原点ともいえるこのお話。事件の被害者はなんと、人の言葉をあやつるカカシなのです!

仙台でコンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識をうしない、見知らぬ島で目をさまします。仙台沖にうかぶその島は、外界との交流を断ち、150年あまり鎖国状態にある孤島「荻島」。そこで人びとに崇拝されているのは、言葉を発し、未来を予見できるカカシ・優午(ゆうご)でした。
けれど翌日、何者かによって優午が「殺害」されてしまいます。伊藤は優午からの最後のメッセージを手がかりに、その死の真相と「島に欠けている大事なもの」を探りはじめ――・・・

嘘しか言わない画家・園山や、体重300キロのウサギさん、島の規律として殺人を許された男・桜(決めゼリフが最高なんです!)・・・彼らが暮らす荻島は、不条理にみちたシュールな世界。そのいっぽうで、仙台で伊藤のゆくえを執拗に追う鬼畜警察官・城山の存在が、現実世界のまがまがしい空気を放ちます。
こんなにおかしな設定なのに、すんなりとお話に入り込んでしまいました。
「未来は神様のレシピで決まる」
これまで読んできた伊坂作品でたびたび出逢った印象的な一文も発見できてうれしい。そして「善悪とは」という伊坂さん永遠の?命題の源泉も、やっぱりココ、だったみたいです。
Author: ことり
国内あ行(伊坂 幸太郎) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -