<< 『お縫い子テルミー』 栗田 有起*prev
『エンジェル エンジェル エンジェル』 梨木 香歩 >>*next
 

『4時のオヤツ』 杉浦 日向子

評価:
杉浦 日向子
新潮社
¥ 1,404
(2004-11-23)

都庁の新庁舎前でばったり会った父娘を取り持つクリームパン。煮え切らないボーイフレンドのグチを親友に訴えつつかぶりつく稲荷寿司。「オザキ死んじゃったね」、生への不安に目覚める女子高生とソフトクリーム。4時って本当に不思議な時間だ・・・。
4時。夜明け前。黄昏れ時。
そんなひと時を温める、とっておきの箸休め。江戸から昭和の東京が匂い立つ、ショートストーリーズ。蔵出し三十三編。

オヤツ一品につき掌編ひとつ。
セピアの食べもの、ありふれた会話、淡い夕空のようなせつない物語たち。
オヤツには遅くて夜ご飯にも早すぎる、半端な時間の「4時のオヤツ」。でもそんな、どこか怠惰で余分なものが幸福なんですよね。

「オヤツ」・・・このひびきだけでウフっとときめいてしまう私。
33ものオヤツたちが儚くともる、なつかしくてどこか艶っぽい掌編集です。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -