<< 『椰子・椰子』 川上 弘美*prev
年間ベスト〔2005〕 >>*next
 

『激流』 柴田 よしき

評価:
柴田 よしき
徳間書店
---
(2005-10-21)

京都。修学旅行でグループ行動をしている、東京から来た七名の中学三年生。知恩院に向かうバスで、その中の一人の女生徒、小野寺冬葉が失踪し、消息を絶った――。
二十年後。三十五歳となり、それぞれの毎日を懸命に生きるグループのメンバーに、過去の亡霊が甦る。「わたしを憶えていますか?」
突然、送られてきた冬葉からのメール。運命に導かれて再会した同級生たち。彼らに次々と降りかかる不可解な事件。冬葉は生きているのか?そして、彼女の送るメッセージの意味とは・・・?「今」を生きるすべての人に贈る、渾身のサスペンスミステリー。

序章、修学旅行のグループ行動の最中に一人の少女が消えてしまい・・・、それから20年後、おなじグループだったメンバー6人の人生が突然翳りはじめるところから物語が動きだします。
20年もの時を経て、突然、つぎつぎに送信された「冬葉」からのメール。そのメールが届いて以来、彼らには明らかに何者かの悪意が働いた災難・事件が連続して襲いかかるのです。
6人は20年ぶりに集まり、ぼんやりした当時の記憶をまさぐりながら推理をはじめます。これは私たちにたいする‘復讐’?それともほんとうに冬葉が・・・?
運命の流れ。激流が迫っている。その音が、気配が聞こえる。冬葉が失踪したあの日に、その流れはあたしに向かって、いや、あの時冬葉を見失った仲間たちすべてに向かって、スタートしたのだ。そして二十年の歳月をかけて、今、それが届こうとしている。

生死すら分からないかつての級友の存在と、15歳の少年少女だった彼らが生きてきた20年もの人生の重み・・・。膨張する焦燥感と転がり落ちるようなストーリーに頁をめくる手が止まりませんでした。
行方不明の少女からの20年ぶりのメールというのは少しオカルトじみてもいるけれど、事件そのものはかなり現実的。だからこそみな、姿の見えない不穏な力に震えあがり、疑心暗鬼になっていきます。
最終的にうかび上がってくるある人物のねじれた悪意が、正直言ってその動機が少し弱いかなとか、20年前の記憶ってこんなに確かなものかなとか、小さなひっかかりがなかったといえば嘘になってしまうのだけど、上下2段組・525ページのヴォリュームながら、まる2日間寝食を忘れるくらいに没頭しました。
これぞまさに「激流」。どっぷりハマれるオススメの一冊です。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -