<< 『すみれの花の砂糖づけ―江國香織詩集』 江國 香織*prev
『対岸の彼女』 角田 光代 >>*next
 

『あさ/朝』 谷川 俊太郎、(写真)吉村 和敏

評価:
谷川 俊太郎,吉村 和敏
アリス館
¥ 1,365
(2004-07)

右からひらくと谷川俊太郎さんの詩に吉村和敏さんの写真がそえられた詩集『朝』、左からひらくと吉村さんの写真に谷川さんが文をつけられた絵本『あさ』になっている、「朝」をテーマにした美しいヴィジュアル・ブック。
小学校の教科書に載っていた大好きな詩『朝のリレー』をもう一度読みたくなって。

いま、ここで見ている夕陽は、どこかの朝陽。
そうして手渡した朝を、誰かがどこかで受けとっている・・・。
「朝をリレーする」だなんて、想像するだけでなんだかワクワクしちゃう。おなじようにワクワクしていた幼いころが心によみがえってきました。

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交代で地球を守る

眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ (『朝のリレー』)
Author: ことり
国内た行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -