<< 『戀愛譚―東郷青児文筆選集』 東郷 青児*prev
『イギリス 野の花図鑑』 ヘンリー・テリー >>*next
 

『物語のなかとそと―江國香織散文集』 江國 香織

「本を読むというのはそこにでかけて行くこと」
──小説家は、どのように小説を読んでいるのか、また、著者にとって「書く」とは、どのような経験なのか?
すべて初収録、過去15年以上にわたって書かれた掌編小説とエッセイから、 江國香織の「秘密」がひもとかれる贅沢な一冊。


サイン本です↓
Author: ことり
国内あ行(江國 香織) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -