<< 『物語のなかとそと―江國香織散文集』 江國 香織*prev
『ペンギンクルーズ』 のはな はるか >>*next
 

『イギリス 野の花図鑑』 ヘンリー・テリー

評価:
ヘンリー・テリー
パイインターナショナル
¥ 2,160
(2018-03-12)

1873年の夏、3人の子どもたちが摘んできた野に咲く可憐な草花を、父親が描いた花のアルバム。
すべての花に和名を記載する。学名、英名・英国での通称、和名・日本での通称を記した花のリスト付き。

ヘンリー・テリー。その見知らぬ名を、記憶する。
ヴィクトリア朝、オックスフォード周辺、お父さんと3人の子どもたち――そこはまるで、アリスの「きらめく黄金の午下がり」。

ブルーベル、ウスベニアオイ、エニシダ・・・
ワスレナグサ、スノーベリー、エリカ・テトラリクス・・・
ほんのりとミルク紅茶色した紙のうえ、繊細で愛らしくレースのようにゆれる花たち。これがありふれた図鑑やボタニカル・アートと異なるのは、名もなきひとりの父親の手づくりであるところ。子どもたちが野原で摘んできた草花をお父さんが描いたっていうそこのところがとても好きです。
子どもたちが野原にくりだす夏の午後、お父さんが彼らのために一つ一つスケッチする夏の夕べ。眩しい日ざし、そよ風と花の匂い、子どもたちの笑い声。家族のたいせつな時間がきらきらといっぱいにつまっていて、私まで少女にもどってしまったような、うれしくてなつかしくてせつない気もちになりました。ちょうど、つい先日まで入りびたっていた実家のイングリッシュ・ガーデンを思い出して。

本好きの5歳の娘が図書館で見つけ、出逢うことができました。
ヘンリー・テリー。すてきなすてきなお父さん。
この本にひと目で惹かれた娘はひょっとして、本そのものの放つ、つつみ込むような愛とまなざしを感じとったのでしょうか・・・。

エミリー、アニー、ハリーへ
いつの日か私も、野の花と同じように、神さまが造られたこのすばらしい地球上から消え去るときがくる。そんな日がきたら、父親への興味と愛情を胸に、このアルバムを開いてくれればうれしい。

(原題『A VICTORIAN FLOWER ALBUM』)
Author: ことり
海外タ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -