<< 『うさぎマンション』 のはな はるか*prev
年間ベスト〔2016〕 一般書籍編 >>*next
 

ブログお休み中の読了本〔2016〕

■ 『薬指の標本』〔再読〕 小川 洋子 (12/31)
■ 『うなぎと日本人』 (選)伊集院 静 (12/27)
■ 『扉のかたちをした闇』 江國 香織、森 雪之丞 (12/27)
■ 『ホリー・ガーデン』〔再読〕 江國 香織 (12/27)
■ 『クリスマスの歌』 コンチャ・メンデス、(絵)パロマ・アルトラギレ、(訳)野中 雅代、小柳 玲子 (12/25)
■ 『クリスマスのまえのばん』〔再読〕 クレメント・C・ムーア、(絵)ウィリアム・W・デンスロウ、(訳)わたなべ しげお (12/24)
■ 『あひる』 今村 夏子 (12/22)
■ 『アンティーク・シオンの小さなきせき』 茂市 久美子 (12/19)
■ 『木菟燈籠』 小沼 丹 (12/17)
■ 『ボルヘス怪奇譚集』 ホルヘ・ルイス・ボルヘス、アドルフォ・ビオイ=カサレス、(訳)柳瀬 尚紀 (12/15)
■ 『よるのねこ』 ダーロフ・イプカー、(訳)光吉 夏弥 (12/12)
■ 『殺意』 フランシス・アイルズ、(訳)大久保 康雄 (12/12)
■ 『言葉と歩く日記』 多和田 葉子 (12/05)
■ 『いとしいたべもの』 森下 典子 (12/04)
■ 『オンネリとアンネリのふゆ』 マリヤッタ・クレンニエミ、(訳)渡部 翠 (12/04)
■ 『ミトン』 ジャンナ・ジー・ヴィッテンゾン、(絵)レオニード・シュワルツマン、(訳)はっとり みすず (12/02)
■ 『うつろ舟』 澁澤 龍彦 (12/02)
■ 『くるみわり人形』 E・T・A・ホフマン、(絵)モーリス・センダック、(訳)渡辺 茂男 (11/28)
■ 『活発な暗闇』〔再読〕 (選)江國 香織 (11/27)
■ 『繻子の靴』(上・下) ポール・クローデル、(訳)渡辺 守章 (11/27)
■ 『およばれのテーブルマナー』 フィリップ・デュマ、(訳)久保木 泰夫 (11/26)
■ 『くんちゃんのだいりょこう』 ドロシー・マリノ、(訳)石井 桃子 (11/25)
■ 『蜜蜂と遠雷』 恩田 陸 (11/24)
■ 『くまの子ウーフ』〔再読〕 神沢 利子 (11/21)
■ 『わたしたちのすべての昨日』 ナタリーア・ギンツブルグ、(訳)望月 紀子 (11/20)
■ 『パンタロンとケーキやさん』 キャサリン・ジャクソン、(絵)レナード・ワイスガード、(訳)こみや ゆう (11/19)
■ 『くろうまブランキー』 伊東 三郎、(絵)堀内 誠一 (11/17)
■ 『まりーちゃんのくりすます』〔再読〕 フランソワーズ、(訳)与田 凖一 (11/17)
■ 『熱い恋』 サガン、(訳)朝吹 登水子 (11/16)
■ 『夢奇譚』 アルトゥル・シュニッツラー、(訳)池田 香代子 (11/12)
■ 『幻影の城館』〔再読〕 マルセル・ブリヨン、(訳)村上 光彦 (11/08)
■ 『ラスト・ウェイ・アウト』 フェデリコ・アシャット、(訳)村岡 直子 (11/05)
■ 『おやゆびひめ』〔再読〕 H.C.アンデルセン、(絵)ヨゼフ・パレチェク、(訳)石川史雅 (11/03)
■ 『その姿の消し方』 堀江 敏幸 (11/02)
■ 『恋人たち、幸せな恋人たち』 ヴァレリー・ラルボー、(訳)石井 啓子 (10/31)
■ 『絵本を抱えて 部屋のすみへ』〔再読〕 江國 香織 (10/30)
■ 『伯母殺人事件』 リチャード・ハル、(訳)大久保 康雄 (10/26)
■ 『ふたりのぶとうかい』 筒井 敬介、(絵)いわさき ちひろ (10/24)
■ 『須賀敦子全集 第8巻』 須賀 敦子 (10/24)
■ 『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』〔再読〕 宮澤 賢治 (10/21)
■ 『春と修羅』〔再読〕 宮澤 賢治 (10/21)
■ 『須賀敦子全集 第7巻』 須賀 敦子 (10/18)
■ 『愛する人達』 川端 康成 (10/14)
■ 『愛のゆくえ』 リチャード・ブローティガン、(訳)青木 日出夫 (10/11)
■ 『すきになったら』 ヒグチ ユウコ (10/10)
■ 『うさぎのニコラス』 オーレ・リソム、(絵)リチャード・スキャリー、(訳)木坂 涼 (10/08)
■ 『四人の交差点』 トンミ・キンヌネン、(訳)古市 真由美 (10/08)
■ 『金子國義スタイルブック』 金子 國義 (10/06)
■ 『まほうこうじょう』 太田 大八 (10/06)
■ 『ハートストーン』 ルース・レンデル、(訳)古屋 美登里 (10/06)
■ 『少年アリス』〔再読〕 長野 まゆみ (10/05)
■ 『古本綺譚』 出久根 達郎 (10/05)
■ 『すべての見えない光』 アンソニー・ドーア、(訳)藤井 光 (10/04)
■ 『隣の家の少女』 ジャック・ケッチャム、(訳)金子 浩 (10/01)
■ 『魔女の庭』 リディア=ポストマ、(訳)熊倉 美康 (10/01)
■ 『アリスの国―高級少女文芸誌 vol.1』〔再読〕 松本 隆、大島 弓子、坂田 靖子、めるへんめーかー、江國 香織、原田 治、長野 まゆみ、小林 麻美、堀田 あけみ、川村 真澄 (09/30)
■ 『少女―日本の名随筆』〔再読〕 (編)山田 詠美 (09/28)
■ 『蝶』 皆川 博子 (09/27)
■ 『貴婦人として死す』 カーター・ディクスン、(訳)高沢 治 (09/26)
■ 『うさぎマンション』 のはな はるか (09/24)
■ 『抱擁、あるいはライスには塩を』(上・下)〔再読〕 江國 香織 (09/24)
■ 『夕闇の川のざくろ』〔再読〕 江國 香織 (09/21)
■ 『ペドロ・パラモ』 フアン・ルルフォ、(訳)杉山 晃、増田 義郎 (09/21)
■ 『このあたりの人たち』 川上 弘美 (09/18)
■ 『かぼちゃひこうせん ぷっくらこ』 レンナート・ヘルシング、(絵)スベン・オットー、(訳)奥田 継夫、木村 由利子 (09/18)
■ 『きつねおくさまのごけっこん』 ガビン・ビショップ、(訳)江國 香織 (09/16)
■ 『落葉 他12篇』 G・ガルシア=マルケス、(訳)高見 英一 他 (09/16)
■ 『プルーストの花園』 マルセル・プルースト、(絵)マルト・スガン=フォント、(訳)鈴木 道彦 (09/15)
■ 『美の歴史』 ウンベルト・エーコ、(訳)植松 靖夫、川野 美也子 (09/14)
■ 『精霊たちの家』〔再読〕 イサベル・アジェンデ、(訳)木村 榮一 (09/13)
■ 『赤い薔薇ソースの伝説』 ラウラ・エスキヴェル、(訳)西村 英一郎 (09/09)
■ 『おさんぽ』〔再読〕 江國 香織、(絵)こみね ゆら (09/06)
■ 『恋愛及び色情』 谷崎 潤一郎 (09/05)
■ 『クロイドン発12時30分』 F・W・クロフツ、(訳)加賀山 卓朗 (09/05)
■ 『この三つのもの』 佐藤 春夫 (09/03)
■ 『殉情詩集 我が一九二二年』 佐藤 春夫 (09/02)
■ 『人くい鬼―グリム童話』 こみね ゆら (09/01)
■ 『夢の果て―安房直子 十七の物語』 安房 直子 (09/01)
■ 『歌々板絵巻』 谷崎 潤一郎、(絵)棟方 志功 (09/01)
■ 『去年の冬、きみと別れ』 中村 文則 (08/28)
■ 『獨樂園』 薄田 泣菫 (08/27)
■ 『3びきのこぐまさん』 村山 籌子、(絵)村山 知義 (08/24)
■ 『優しすぎて、怖い』 ジョイ・フィールディング、(訳)吉田 利子 (08/23)
■ 『ピーターラビットのおはなし』〔再読〕 ビアトリクス・ポター、(訳)いしい ももこ (08/21)
■ 『絵物語』 ディーノ・ブッツァーティ、(訳)長野 徹 (08/20)
■ 『人生パンク道場』 町田 康 (08/19)
■ 『片手の郵便配達人』 グードルン・パウゼヴァング、(訳)高田 ゆみ子 (08/16)
■ 『須賀敦子を読む』 湯川 豊 (08/12)
■ 『吉野葛・蘆刈』 谷崎 潤一郎 (08/12)
■ 『すいかの匂い』〔再読〕 江國 香織 (08/10)
■ 『灯台守の話』 ジャネット・ウィンターソン、(訳)岸本 佐知子 (08/09)
■ 『須賀敦子全集 第6巻』 須賀 敦子 (08/07)
■ 『美食倶楽部―谷崎潤一郎大正作品集』 谷崎 潤一郎 (08/06)
■ 『ハリネズミの願い』 トーン・テレヘン、(訳)長山 さき (08/03)
■ 『すきまのおともだちたち』〔再読〕 江國 香織 (08/02)
■ 『人魚の嘆き 魔術師』〔再読〕 谷崎 潤一郎 (07/30)
■ 『つづきの図書館』〔再読〕 柏葉 幸子 (07/28)
■ 『クレーン男』〔再読〕 ライナー・チムニク、(訳)矢川 澄子 (07/28)
■ 『須賀敦子全集 第5巻』 須賀 敦子 (07/27)
■ 『アラジンと魔法のランプ』 アンドルー・ラング、(絵)エロール・ル・カイン、(訳)中川 千尋 (07/27)
■ 『ウィルソン氏の驚異の陳列室』 ローレンス・ウェシュラー、(訳)大神田 丈二 (07/25)
■ 『食魔 谷崎潤一郎』 坂本 葵 (07/24)
■ 『はらぺこ ガズラー』 ハアコン・ビョルクリット、(訳)かけがわ やすこ (07/21)
■ 『須賀敦子の手紙 1975-1997 友人への55通』 須賀 敦子 (07/21)
■ 『罪と罰』(全3巻) ドストエフスキー、(訳)亀山 郁夫 (07/20)
■ 『ホリー・ガーデン』〔再読〕 江國 香織 (07/17)
■ 『かえるの王さま―グリム童話』 ビネッテ・シュレーダー、(訳)矢川 澄子 (07/16)
■ 『ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語』〔再読〕 ペーター・ニクル、(絵)ビネッテ・シュレーダー、(訳)矢川 澄子 (07/11)
■ 『パンプルムース!』〔再読〕 江國 香織、(絵)いわさき ちひろ (07/10)
■ 『Hôtel』 黒井 健 (07/09)
■ 『須賀敦子全集 第4巻』 須賀 敦子 (07/09)
■ 『夜鳥』 モーリス・ルヴェル、(訳)田中 早苗 (07/07)
■ 『ふしぎなボタン』 ミルヤ・オルヴォラ、(絵)サッラ・サヴォライネン、(訳)稲垣 美晴 (07/04)
■ 『あの素晴らしき七年』 エトガル・ケレット、(訳)秋元 孝文 (07/03)
■ 『ぱんぱかパン図鑑』 金子 健一 (07/02)
■ 『イタリアからの手紙』 塩野 七生 (07/01)
■ 『須賀敦子全集 第3巻』 須賀 敦子 (06/30)
■ 『『罪と罰』を読まない』 岸本 佐知子、三浦 しをん、吉田 篤弘、吉田 浩美 (06/28)
■ 『どこへいったのジャムタルト』 ジャネットとアラン・アルバーグ、(訳)こやま 峰子 (06/28)
■ 『きらきらひかる』〔再読〕 江國 香織 (06/28)
■ 『夜ごとのサーカス』 アンジェラ・カーター、(訳)加藤 光也 (06/27)
■ 『魔法の夜』 スティーヴン・ミルハウザー、(訳)柴田 元幸 (06/23)
■ 『カエルのおんがくたい』 アーサー・ビナード、(絵)ドゥシャン・カーライ (06/22)
■ 『鏡の国のアリス』 ルイス・キャロル、(絵)ドゥシャン・カーライ、(訳)矢川 澄子 (06/22)
■ 『どこまで行けばお茶の時間』 アントニイ・バージェス、(訳)内藤 理恵子、吉田 映子 (06/21)
■ 『ある微笑』 サガン、(訳)朝吹 登水子 (06/18)
■ 『偽りの書簡』 R・リーバス&S・ホフマン、(訳)宮 真紀 (06/17)
■ 『ココとリトル・ブラック・ドレス』 アンネマリー・ファン・ハーリンゲン、(訳)川原 あかね (06/14)
■ 『須賀敦子全集 第2巻』 須賀 敦子 (06/14)
■ 『須賀敦子全集 第1巻』 須賀 敦子 (06/11)
■ 『ハメルンの笛ふき』〔再読〕 ロバート・ブラウニング、(絵)ケート・グリーナウェイ、(訳)矢川 澄子 (06/10)
■ 『レモンケーキの独特なさびしさ』 エイミー・ベンダー、(訳)管 啓次郎 (06/09)
■ 『黄色い雨』 フリオ・リャマサーレス、(訳)木村 榮一 (06/06)
■ 『しらゆき べにばら―グリム童話』〔再読〕 バーバラ・クーニー、(訳)鈴木 晶 (06/05)
■ 『ウサギ料理は殺しの味』 ピエール・シニアック、(訳)藤田 宜永 (06/04)
■ 『アリスの画廊』 金子 國義 (06/01)
■ 『夏に抱かれて』 サガン、(訳)朝吹 由紀子 (06/01)
■ 『食味歳時記』 獅子 文六 (05/29)
■ 『あめのひの おるすばん』 岩崎 ちひろ (05/27)
■ 『五月の霜』 アントニア・ホワイト、(訳)北條 文緒 (05/27)
■ 『冷静と情熱のあいだ―Rosso』〔再読〕 江國 香織 (05/25)
■ 『猫の縁談』 出久根 達郎 (05/22)
■ 『谷崎潤一郎犯罪小説集』 谷崎 潤一郎 (05/20)
■ 『運命の倒置法』 バーバラ・ヴァイン、(訳)大村 美根子 (05/18)
■ 『二番目の悪者』 林 木林、(絵)庄野 ナホコ (05/15)
■ 『ガドルフの百合』〔再読〕 宮沢 賢治、(絵)ささめや ゆき (05/13)
■ 『ピアノの音』 庄野 潤三 (05/12)
■ 『食べごしらえ おままごと』 石牟礼 道子 (05/10)
■ 『昼顔』 ケッセル、(訳)堀口 大學 (05/08)
■ 『神様のボート』〔再読〕 江國 香織 (05/07)
■ 『ユルスナールの靴』〔再読〕 須賀 敦子 (05/07)
■ 『塩一トンの読書』〔再読〕 須賀 敦子 (05/02)
■ 『黄昏の彼女たち』(上・下) サラ・ウォーターズ、(訳)中村 有希 (04/30)
■ 『金魚撩乱』〔短篇〕 岡本 かの子 (04/27)
■ 『この世ランドの眺め』 村田 喜代子 (04/27)
■ 『暗い旅』 倉橋 由美子 (04/25)
■ 『モカと幸せのコーヒー』 刀根 里衣 (04/24)
■ 『屋根裏の仏さま』 ジュリー・オオツカ、(訳)岩本 正恵、小竹 由美子 (04/24)
■ 『竸Г離丱后獣司嗅昇鄙』 小沼 丹 (04/23)
■ 『ミニチュアの妻』 マヌエル・ゴンザレス、(訳)藤井 光 (04/21)
■ 『真昼なのに昏い部屋』〔再読〕 江國 香織 (04/20)
■ 『モッキンバードの娘たち』 ショーン・ステュアート、(訳)鈴木 潤 (04/18)
■ 『歩道橋の魔術師』 呉 明益、(訳)天野 健太郎 (04/17)
■ 『二人の妻をもつ男』 パトリック・クェンティン、(訳)大久保 康雄 (04/16)
■ 『まよなかのだいどころ』〔再読〕 モーリス・センダック、(訳)じんぐう てるお (04/14)
■ 『葡萄酒物語―ワインをめぐるとっておきの17話』 安齋 喜美子 (04/12)
■ 『聖母』 秋吉 理香子 (04/09)
■ 『番茶菓子』 幸田 文 (04/08)
■ 『結婚式のメンバー』〔再読〕 カーソン・マッカラーズ、(訳)村上 春樹 (04/06)
■ 『たぶん ほんと』 間部 香代、(絵)ナタリー・レテ (04/05)
■ 『蒸籠を買った日』〔短篇〕 江國 香織 (04/05)
■ 『オーブランの少女』 深緑 野分 (04/04)
■ 『春のゆびきり』〔再読〕 山里 るり、(絵)南塚 直子 (04/03)
■ 『陽気なお葬式』 リュドミラ・ウリツカヤ、(訳)奈倉 有里 (04/03)
■ 『随筆 女ひと』 室生 犀星 (04/01)
■ 『しおちゃんとこしょうちゃん』 ルース・エインズワース、(絵・訳)こうもと さちこ (03/30)
■ 『殺人交叉点』 フレッド・カサック、(訳)平岡 敦 (03/28)
■ 『聖少女』〔再読〕 倉橋 由美子 (03/27)
■ 『リーサの庭の花まつり』〔再読〕 エルサ・ベスコフ、(訳)石井 登志子 (03/26)
■ 『妖精たちの森―野中ユリ画集』 澁澤 龍彦、(絵)野中 ユリ (03/26)
■ 『電球交換士の憂鬱』 吉田 篤弘 (03/25)
■ 『レモン畑の吸血鬼』 カレン・ラッセル、(訳)松田 青子 (03/24)
■ 『ウエハースの椅子』〔再読〕 江國 香織 (03/24)
■ 『鏡の国のアリス』〔再読〕 ルイス・キャロル、(訳)河合 祥一郎 (03/23)
■ 『不思議の国のアリス』〔再読〕 ルイス・キャロル、(訳)河合 祥一郎 (03/22)
■ 『日のあたる白い壁』〔再読〕 江國 香織 (03/21)
■ 『アレクサンドリア四重奏』(全4巻) ロレンス・ダレル、(訳)高松 雄一 (03/21)
■ 『蜜のあわれ』〔再読〕 室生 犀星 (03/10)
■ 『ことばの果実』 長田 弘 (03/08)
■ 『オフェリアと影の一座』 ミヒャエル・エンデ、(絵)フリードリヒ・ヘッヘルマン、(訳)矢川 澄子 (03/08)
■ 『夜、僕らは輪になって歩く』 ダニエル・アラルコン、(訳)藤井 光 (03/08)
■ 『スワン―アンナ・パブロワのゆめ』 ローレル・スナイダー、(絵)ジュリー・モースタッド、(訳)石津 ちひろ (03/06)
■ 『カモイクッキング』 鴨居 羊子 (03/04)
■ 『小公女』〔再読〕 フランシス・ホジソン・バーネット、(訳)畔柳 和代 (03/02)
■ 『つつましい英雄』 マリオ・バルガス=リョサ、(訳)田村 さと子 (02/29)
■ 『傘の死体とわたしの妻』 多和田 葉子 (02/25)
■ 『東京タワー』〔再読〕 江國 香織 (02/24)
■ 『辺境の館』 パスカル・キニャール、(訳)高橋 啓 (02/23)
■ 『ネコとクラリネットふき』 岡田 淳 (02/22)
■ 『生まれるためのガイドブック』 ラモーナ・オースベル、(訳)小林 久美子 (02/21)
■ 『風少女』 樋口 有介 (02/21)
■ 『ヴェネツィアの宿』〔再読〕 須賀 敦子 (02/18)
■ 『恋人たちの詩―レイモン・ペイネ画集』 レイモン・ペイネ、(訳)立原 えりか (02/18)
■ 『スピンクの壺』 町田 康 (02/16)
■ 『ママがやった』 井上 荒野 (02/15)
■ 『幻想の花園―図説 美学特殊講義』 谷川 渥 (02/15)
■ 『おいで、もんしろ蝶』 工藤 直子、(絵)皆川 明 (02/15)
■ 『ラブ・ボート』 あらい もえみ (02/14)
■ 『新しい須賀敦子』〔再読〕 江國 香織、松家 仁之、湯川 豊 (02/14)
■ 『一房の葡萄 他四篇』 有島 武郎 (02/13)
■ 『コーヒーゼリーの時間』 木村 衣有子 (02/12)
■ 『琥珀捕り』 キアラン・カーソン、(訳)栩木 伸明 (02/12)
■ 『犬の心臓』 ミハイル・A・ブルガーコフ、(訳)水野 忠夫 (02/07)
■ 『スクラップ・アンド・ビルド』 羽田 圭介 (02/05)
■ 『雪のひとひら』〔再読〕 ポール・ギャリコ、(訳)矢川 澄子 (02/05)
■ 『遠い声 遠い部屋』 トルーマン・カポーティ、(訳)河野 一郎 (02/04)
■ 『ぼくとくまさん』 ユリ・シュルヴィッツ、(訳)さくま ゆみこ (02/03)
■ 『くまふうふのバレンタイン』 イヴ・バンチング、(絵)ジャン・ブレット、(訳)とくまる ようこ (02/03)
■ 『纏う透き色の―羽住都画集』 羽住 都 (02/02)
■ 『ton paris』〔再読〕 茂田井 武 (02/02)
■ 『ウエハースの椅子』〔再読〕 江國 香織 (02/01)
■ 『きのこの国のアリス』 飯沢 耕太郎、(絵)KYOTARO (01/31)
■ 『あこがれ』 川上 未映子 (01/31)
■ 『ぼくの小鳥ちゃん』〔再読〕 江國 香織 (01/28)
■ 『ユングフラウの月』 庄野 英二 (01/27)
■ 『日の名残り』 カズオ・イシグロ、(訳)土屋 政雄 (01/26)
■ 『パパ・ユーア クレイジー』 W・サローヤン、(訳)伊丹 十三 (01/24)
■ 『此処 彼処』 川上 弘美 (01/23)
■ 『みずたまちゃん』 林 木林、(絵)あきくさ あい (01/20)
■ 『死の匂い』 カトリーヌ・アルレー、(訳)望月 芳郎 (01/20)
■ 『花嫁人形―抒情詩画集』 蕗谷 虹児 (01/19)
■ 『12人の蒐集家/ティーショップ』 ゾラン・ジヴコヴィッチ、(訳)山田 順子 (01/18)
■ 『冬の犬』 アリステア・マクラウド、(訳)中野 恵津子 (01/17)
■ 『人魚の眠る家』 東野 圭吾 (01/14)
■ 『アリスのお茶会パズル』 伴田 良輔 (01/11)
■ 『宇宙遊星間旅行』 中江 嘉男、(絵)上野 紀子 (01/11)
■ 『ある家族の会話』〔再読〕 ナタリア・ギンズブルグ、(訳)須賀 敦子 (01/10)
■ 『とるにたらないものもの』〔再読〕 江國 香織 (01/06)
■ 『鳥―デュ・モーリア傑作集』〔再読〕 ダフネ・デュ・モーリア、(訳)務台 夏子 (01/06)
Author: ことり
読了本リスト | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -