<< 『みどりのスキップ』 安房 直子、(絵)出久根 育*prev
『うたかたの日々』 ヴィアン、(訳)野崎 歓 >>*next
 

『終わりの感覚』 ジュリアン・バーンズ、(訳)土屋 政雄

穏やかな引退生活を送る男のもとに、見知らぬ弁護士から手紙が届く。日記と500ポンドをあなたに遺した女性がいると。記憶をたどるうち、その人が学生時代の恋人ベロニカの母親だったことを思い出す。託されたのは、高校時代の親友でケンブリッジ在学中に自殺したエイドリアンの日記。別れたあとベロニカは、彼の恋人となっていた。だがなぜ、その日記が母親のところに?――
ウィットあふれる優美な文章。衝撃的エンディング。記憶と時間をめぐるサスペンスフルな中篇小説。2011年度ブッカー賞受賞作。

忘却のかなたに押しやったり、都合のいいようにぬりかえたり・・・
人の記憶ほどたよりなく、不確かなものはない。
そのことを、ドキドキするような思いがけない展開のなかで訴えかけてくる小説です。

物語は高校時代、もとは3人だったトニーたちのグループに、明晰な転校生のエイドリアンが加わるところから始まります。年老いた先生を相手にするどい意見をたたかわせるエイドリアンのことや、ある地味な生徒が自殺して広がった波紋など・・・ひりひりするほど若かった頃の回想。
膨大な時の流れのこちら側では、老年を迎えたトニーのもとに、ある老女からの「遺産」があるとの知らせが届いていたのです。
それはほかでもないエイドリアンの日記。どんな経緯で自分に託されたのか・・・トニーは混沌とあいまいな過去の綻びをまさぐり始めます。

エレガントな文章で、すこしずつ掘り起こされてゆく事実。
注意深く‘ふつうの人生’を送ってきたはず・・・、そう思い込んでいた自分の過去が、誰かの人生を狂わせていた。ああ、なんて怖い話なんだろう。
でもすべては遅すぎて、これから先、悔恨と痛みに向き合いながら生きていくトニーの余生を思うとやるせなさが募ります。
もしかしたら、いま憶えていることはすべて幻想だったりして――
思わずみずからの人生を顧みずにはいられない、ひたひたと破壊的な物語でした。

(原題『The Sense of an Ending』)
Author: ことり
海外ハ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -