<< 『五匹の子豚』 アガサ・クリスティー、(訳)山本 やよい*prev
『屋上への誘惑』 小池 昌代 >>*next
 

『無声映画のシーン』 フリオ・リャマサーレス、(訳)木村 榮一

評価:
フリオ・リャマサーレス
ヴィレッジブックス
¥ 2,160
(2012-08-23)

この30枚の写真は、ぼくが切なく楽しい少年時代に帰る招待状だった――『狼たちの月』『黄色い雨』の天才作家が贈る、故郷の小さな鉱山町をめぐる大切な、宝石のような思い出たち。
誰もがくぐり抜けてきた甘く切ない子ども時代の記憶を、磨き抜かれた絶品の文章で綴る短篇集、待望の刊行!

著者が生まれ育ったスペインの小さな鉱山町・オリェーロス。
そこで撮られたふるい写真たちを介して、少年時代の思い出をもとに書かれた郷愁あふれる短篇集です。
まずしい町の住人や鉱山労働者、旅の芸人たちが織りなす小さな物語のかけらが集まりうつし出された、あらたなる町の情景・・・
ブリティッシュ・バーの古時計の前のテーブルも、
耳や手をしもやけだらけにしながら歩いた通学路も、
楽団がやってきて、連日お祭り騒ぎにわく町の様子も、
それらがいつしか忘れ去っていた私自身の記憶にかさなり立ち現れてくる不思議。記憶の底にうずもれた、色や匂いをともなって・・・。

何枚もの写真がひとつにつながり、いろいろな記憶がサクランボの実のようにくっつき合って筋の通った映画になり、時間がよみがえってくる。ときどきそうと気づいてびっくりすることがある。(中略)
記憶、とりわけ遠い昔の記憶は孤立したバラバラのシークエンスでしかないが、写真はそれと違って完璧な映画を見ているような気持ちにさせてくれる。

カタタタ、カタタタ、カタタタ・・・
映写機のまわる音だけが、かぼそくひびいてきそうな閉じられた昏い空間。
移ろうもの、束の間のものをとどめた写真のなかに、いまはどこにも存在しない人や場所、にどと戻らない時間が生きている――思い出を抱きしめ、遠い世界にしずかに身を沈めてゆくような、淡くなつかしい儚さが胸にせまってきます。

(原題『Escenas de cine mudo』)
Author: ことり
海外ヤ・ラ・ワ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -