<< 『本と女の子 おもいでの1960-70年代』 近代 ナリコ*prev
『無声映画のシーン』 フリオ・リャマサーレス、(訳)木村 榮一 >>*next
 

『五匹の子豚』 アガサ・クリスティー、(訳)山本 やよい

16年前、高名な画家だった父を毒殺した容疑で裁判にかけられ、獄中で亡くなった母。でも母は無実だったのです――娘の依頼に心を動かされたポアロは、事件の再調査に着手する。当時の関係者の証言を丹念に集める調査の末に、ポアロが探り当てる事件の真相とは?
過去の殺人をテーマにした代表作を最新訳で贈る!

最後の最後までよく練られている、そう思いました。
16年も前の殺人事件について、当時現場にいた5人から話をたんねんに訊きだす名探偵ポアロ。物的証拠はのこっていないし、犯人とされた人物もすでに他界・・・そんな苦しい状況で、彼はその証言のなかだけから手がかりを得、真相を探ろうというのです。

うすれて当然の遠い記憶、愛と嫉妬、証人たちの長年の思い込み。
ほとんど‘回想’のなかだけで行われる捜査は困難をきわめますが、ひとつの事柄をいくつもの角度から見つめ直すことで、ポアロがキレのある推理を展開します。
ラスト、鮮やかな反転によってうかび上がる歪められた真実に思わずうならされた私です。

(原題『FIVE LITTLE PIGS』)
Author: ことり
海外カ行(クリスティー) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -