<< 『懐中時計』 小沼 丹*prev
『五匹の子豚』 アガサ・クリスティー、(訳)山本 やよい >>*next
 

『本と女の子 おもいでの1960-70年代』 近代 ナリコ

山梨シルクセンター&サンリオ、新書館フォア・レディース・シリーズ、『私の部屋』、『新婦人』・・・女性であるからこそ愛着を感じ、大切に思えるような1960〜70年代の「女の子図書」をご紹介。
宇野亜喜良、寺山修司、澁澤龍彦、内藤ルネ、水森亜土等の世界、必見!!

「1960年代から70年代にかけて、女の子たち・女性たちと蜜月をすごした4つの読み物」について関係者へのインタビューをまじえ紹介する古本ヴァラエティ。
ちょうど私の母が少女だった時代(母は手にしたことがあるのかしら?)・・・可愛らしさと色っぽさがまざりあった素敵すぎる「女の子図書」が頁いっぱいにならべられています。
アヴァンギャルドでちょっぴり官能的なセピア色の空間。‘おませさん’な読者のきらきら眩しい憧れや恋心、甘い吐息が立ち上ってくるようで、うっとりうっとり・・・ため息まじりですみずみまで堪能しました。
とりわけ、宇野亜喜良さんが手がけられた当時のイラスト、ロゴデザイン、表紙デザインをたっぷり見せてもらえたのがうれしい。アンニュイな艶めきをたたえた少女たちの表情はもちろん、匂いたつような独特のセンスが冴えきっています。

――ところで、私の持っている本が2冊掲載されていました。
数年前に神保町の古書店で、ひとめぼれして購入したフォア・レディース・シリーズの『恋する魔女』(立原えりか)と『さようなら パパ』(岸田理生)。どちらもとっておきの私の宝物。うふふ、です。
Author: ことり
国内か行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -