<< 『ちょうちんそで』 江國 香織*prev
『本と女の子 おもいでの1960-70年代』 近代 ナリコ >>*next
 

『懐中時計』 小沼 丹

大寺さんの家に、心得顔に一匹の黒と白の猫が出入りする。胸が悪く出歩かぬ妻、二人の娘、まずは平穏な生活。
大寺と同じ学校のドイツ語教師、先輩の飲み友達、米村さん。病身の妻を抱え愚痴一つ言わぬ“偉い”将棋仲間。米村の妻が死に、大寺も妻を失う。
日常に死が入り込む微妙な時間を描く「黒と白の猫」、更に精妙飄逸な語りで読売文学賞を受賞した「懐中時計」収録。

全11篇のうち、『エヂプトの涙壺』、『断崖』、『砂丘』の3篇は、小沼さんいわく「話を作ることに興味があった」頃に書かれたもので、ほんのりとミステリー仕立て。
のこり8篇が、その後しだいに「作らないことに興味を持つように」なり、身近ななんでもない生活を題材に書かれたという私小説です。

私小説のうちの4篇が私の大好きな大寺さんシリーズ。(このシリーズが網羅された短篇集『黒と白の猫』が、家の本棚にならんでいることのなんという幸福!)
いつ読んでも、しみじみと温かなせつなさで心をみたしてくれる大寺さんの日常に、またしてもとっぷり浸ってしまいました。
そのほかの私小説もすばらしく、中でも胸にせまったのは『懐中時計』。
友人とのやりとりに宿るもの柔らかな可笑しみと、いつのまにか忍びよっている死の気配・・・ぽかぽかとした小春日和につめたいすきま風がまざるような心細い感覚。やさしくくるまれていたはずの人生の哀しさや苦さが、あとにそっと残されるのです。
Author: ことり
国内あ行(小沼 丹) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -