<< 『恋人たちの森』 森 茉莉*prev
『ちいさなちいさな王様』 アクセル・ハッケ、(訳)那須田 淳、木本 栄 >>*next
 

『死霊の恋 ポンペイ夜話 他三篇』 ゴーチエ、(訳)田辺 貞之助

フランス文学の魔術師テオフィル・ゴーチエ(1811‐72)の傑作短篇5篇を選び収める。ヨーロッパでもっとも傑れた吸血鬼小説の一つと賞される「死霊の恋」、青年のよせる烈しい思慕に古代ポンペイの麗人が甦える「ポンペイ夜話」など、いずれも愛と美と夢に彩られたあでやかな幻想の世界へと読者をいざなう。

『死霊の恋』、『ポンペイ夜話』、『二人一役』、『コーヒー沸かし』、『オニュフリユス』――ていねいに織られた、古く典雅なタペストリーをみているみたい・・・。
悪魔的な幻想も、怪奇譚も、いい具合に色褪せた金の織り糸を思わせる美しい筆致によって、読む者をうっとりと‘この世ならぬどこか’へと誘いだしてくれます。
美しくも哀しい愛に夜ごとからめとられてゆく『死霊の恋』と、妖しい魂がよみがえる幻惑のひと夜を描いた『コーヒー沸かし』がとくに好き。自分自身を見失い、霊魂になり果ててまでも愛をつらぬこうとする・・・そんな狂気じみたおぞましさにさえ優しさがにじみ、上品な煌めきを放つ絵模様が脳裡にいくつも映し出されるようでした。
Author: ことり
海外カ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -