<< 『アンリくん、パリへ行く』 レオノール・クライン、(絵)ソール・バス、(訳)松浦 弥太郎*prev
『死霊の恋 ポンペイ夜話 他三篇』 ゴーチエ、(訳)田辺 貞之助 >>*next
 

『恋人たちの森』 森 茉莉

愛される少年。愛する男。男同士を嫉妬しながら少年を母のように抱く少女。そして、恋人を美少年の魅力から取り戻そうとする黄昏の女の破滅的な情炎。頽廃と純真の綾なす官能の世界を、言葉の贅を尽して描く表題作。愛する少年を奪われる前に殺し、自らも息絶えた男の鮮烈な最期。禁じられた恋の光輝と悲傷を雪の武蔵野に綴る『枯葉の寝床』など、鬼才のロマン全4編を収録。

『ボッチチェリの扉』、『恋人たちの森』、『枯葉の寝床』、『日曜日には僕は行かない』を収めた究極の耽美的小説集。
甘やかな腐敗を思わせる濃密で頽廃的な文章・・・。嫉妬や憎悪の感情をこれほど美しく、哀しく艶やかに描ける人をほかに思いつかない。
ぼんやりとした深い深い霧のなかに、嫩(わか)い皮膚の香いや黒葡萄のような瞳、薄い肉色の脣、火を誘う耳朶の接吻などが、つぎつぎに妖しい官能とともにうかんできます。いまにも腐り落ちる果実のような、恍惚と匂いたつ‘死’を抱き込んで。

その夜寝台(ベッド)の上で、優しい腕でギドウの首を巻き、ギドウの顔を優しい手で囲うようにして、その片頬に自分の頬を擦りつけたパウロの愛らしさは、可憐で、やさしく、パウロの撓いのある背中に廻したギドウの手に、永遠の愛の誓いの力が籠められたことは、言うまでも、なかった。深い夏(グランエテ)の、濃く厚い、無花果の葉の蔭に、優しい小蛇はその黄金色の薄い光を、ひそめたのだ。(『恋人たちの森』)

同性愛者ものに抵抗のある私でも、茉莉さんの描く西欧美にみちたロマンの世界は、永遠に隔離された儚くも豪華な景色として見ることができます。私のような読み手さえも、とろりと酔わせてしまう魔力が彼女の文章にはあるみたい。
「このひとにとって、過去の時間はすべて物語である」、「森茉莉は、ロマンの世界を見るその目で現実を見る」・・・富岡多恵子さんの解説もすばらしかったです。
Author: ことり
国内ま行(森 茉莉) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -