<< 『石井好子のヨーロッパ家庭料理』 石井 好子*prev
『ロリータ』 ウラジーミル・ナボコフ、(訳)若島 正 >>*next
 

『小さなトロールと大きな洪水』 トーベ・ヤンソン、(訳)冨原 眞弓

「ムーミン童話全集」の別巻。
私は全8巻を読んだあとで手にしたけれど、時系列的にはこちらのほうが先。
ムーミン童話の原点というべきこのお話は、第二次世界大戦がはじまろうとしていた冬に書きはじめられ、戦争が終わった1945年に限定出版されました。その後ながいあいだ絶版となり、あらためて紹介されたのはあとに書かれたムーミンシリーズよりも30年も遅れてのことだったそうです。
そんな経緯をたどった、ヤンソンさんまぼろしの処女作です。

暗くて寒い森のなか。パパはいないし、おなかはペコペコ。
家住みトロールはたいていは人間の家の大きなストーブの後ろに住んでいるものですが、ムーミントロールとそのママは、住むところとムーミンパパをみつけるためにさまよっていたのです。パパはストーブからストーブへと移り住んだあげく、どうしても満足できなくて、ニョロニョロたちとどこかへ消えてしまったのです。
ムーミンたちは森のなかで、こわがりなスニフや妖精のチューリッパと出逢います。小さな生きものたちの、明るい場所をさがす危険な旅はつづきます・・・。
「わたしたちは旅をつづけなければなりません。ほんもののお日さまの光のもとで、自分たちで家をたてようと思っているのです。」

暗い森をさまよう彼らの姿は、戦場で行き場をなくした子どもたちそのもののよう。
それくらい不安は濃く、この小さな童話をすっぽりと覆っています。大洪水と太陽のない世界はそのまま、ヤンソンさんが体験した戦争――世界の終わり、だったのかもしれません。
お日さまの光をもとめ、たどりついた美しい谷は心やすらかでまばゆいほど。このあとにつづく、自由で豊かなムーミンシリーズを予感させてくれます。

(原題『SMATROLLEN OCH DEN STORA OVERSVAMNINGEN』)
Author: ことり
海外ヤ・ラ・ワ行(ヤンソン) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -