<< 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野 圭吾*prev
『小さなトロールと大きな洪水』 トーベ・ヤンソン、(訳)冨原 眞弓 >>*next
 

『石井好子のヨーロッパ家庭料理』 石井 好子

幻の料理本、復刊!
ヨーロッパ各地の家々を訪ね、レストランでは味わえない家庭の味、食卓の風景を取材した料理指南書にして第一級の食紀行。

ああ、とてもすてきな一冊でした。
いまから40年ほども前、石井好子さんがフランスをはじめヨーロッパ各国の家庭料理をたずねてまとめたエッセイ+レシピ本です。
取材した人たちについてのエピソードもすてきだし、古い写真にうつし出された温かみのあるインテリアや家族団欒、笑顔あふれる調理風景、そして食卓に所せましとならべられた料理の数々・・・みているだけで幸せな気持ちが広がります。
柔らかなムールのポタージュ、オーブンから直行のふわふわスフレ、ぶどう酒で3日かけてコトコト煮込んだコック・オ・ヴァン、生クリームと砂糖をたっぷりかけたなしとバナナの簡単タルト、うすいとろみのあるアスパラガスのスープ、きつね色に焼き上げたクリスマスのスタッフトダック・・・
どれもこれもとびきりおいしそうに描写され、ユーモアをまじえた華やかなエッセイは読みごたえ十分。すべての料理のつくり方が紹介されているのもうれしい。

さっそく今夜、『オセ・クリーブランドのノルウェー料理』の章より、ミートボールのクリーム煮をつくってみました。できたてをふうふうしながらいただく濃厚なひと皿は、寒い季節のなによりのごちそう。
素朴でやさしく、じんわりおいしい心のこもった異国の家庭料理たち――
ほかにもいろいろ試してみたい。
Author: ことり
国内あ行(石井 好子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -