<< 『みんなの図書室 2』 小川 洋子*prev
『赤ちゃんのはなし』 マリー・ホール・エッツ、(訳)坪井 郁美 >>*next
 

『くだものだもの』 (選)俵 万智

村上春樹さんは「葡萄」、江國香織さんは「メロン」。よしもとばななさんはもちろん「バナナ」・・・。くだものを作品のどこかに織り込んだ短篇小説やエッセー、詩から落語まで、32篇を精選したアンソロジー。

爽やかな夏みかん、よく熟れたメロン、葡萄や枇杷のしたたる果汁・・・
香りゆたかな甘さと酸味、時おり残るほろ苦さ。
くだものたちの記憶がみずみずしく立ちのぼる、素敵なセレクションでした。
あまんきみこさんの『白いぼうし』は小学生のとき大好きだったお話で泣きたいほどなつかしかったし、江國香織さんの『メロン』(『こうばしい日々』所収)はもちろん、武田百合子さんの『枇杷』や庄野潤三さんの『梨屋のお嫁さん』もものすごく好き。
作家さんそれぞれの持ち味がぞんぶんに生かされた文章を、あますところなく堪能した私です。
向い合って食べていた人は、見ることも聞くことも触ることも出来ない「物」となって消え失せ、私だけ残って食べ続けているのですが――納得がいかず、ふと、あたりを見まわしてしまう。
ひょっとしたらあのとき、枇杷を食べていたのだけれど、あの人の指と手も食べてしまったのかな。――そんな気がしてきます。夫が二個食べ終るまでの間に、私は八個食べたのをおぼえています。(『枇杷』)

『初恋』(島崎藤村)や『いちじくの葉』(中原中也)などの美しい詩が織り込まれていたり、ラストをかざるのが『檸檬』(梶井基次郎)だというのも心憎いなぁ。
選者である俵万智さんのこだわりが随所にほのみえ、うれしくなります。


■ この本の執筆者たち
椎名誠、あまんきみこ、ねじめ正一、笑福亭松鶴、芥川龍之介、蘯のぶ子、清水義範、白石公子、林真理子、江國香織、原田宗典、瀬戸内晴美、島崎藤村、谷川俊太郎、鷺沢萠、林望、中原中也、武田百合子、庄野潤三、宮澤賢治、松本侑子、村上春樹、太宰治、開高健、吉本ばなな、立原えりか、野田秀樹、内田百痢阿部昭、高村光太郎、梶井基次郎
Author: ことり
アンソロジーなど | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -