<< 『蜜蜂・余生』 中 勘助*prev
『残り全部バケーション』 伊坂 幸太郎 >>*next
 

『クライム・マシン』 ジャック・リッチー、(訳)好野 理恵 他

評価:
ジャック・リッチー
河出書房新社
¥ 882
(2009-09-04)

殺し屋の前に自称発明家が現れた。自分の発明したタイム・マシンで、殺害現場を目撃したという――表題作「クライム・マシン」、妻の消失に秘められた巧妙な犯罪計画を描くMWA賞受賞作「エミリーがいない」ほか、全14篇。軽妙な語り口に奇抜な発想、短篇ミステリの名手ジャック・リッチー名作選。

(原題『The Crime Machine』)
Author: ことり
海外ヤ・ラ・ワ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -