<< 『クリスマスのてんし』 エルゼ・ヴェンツ‐ヴィエトール、(訳)さいとう ひさこ*prev
『スピンク合財帖』 町田 康 >>*next
 

『「きよしこの夜」が生まれた日』 ポール・ギャリコ、(訳)矢川 澄子

それは、一ぴきのネズミのいたずらからはじまった。
聖なる歌「きよしこの夜」のルーツをたずねて、愛と幻想の作家ギャリコが描く、ささやかでチャーミングな珠玉の記録文学。

聖なる歌「Silent Night(きよしこの夜)」のふしぎなルーツをたどるお話です。
いまや世界じゅうで親しまれているこの有名な歌の誕生のきっかけが、パイプオルガンのふいごをかじった一ぴきのネズミだったなんてびっくりします。
オーストリアの小さな町・オーベルンドルフの聖ニコラ教会。
ネズミがあけた孔のおかげでオルガンが故障して、その夜のだいじなクリスマスのミサで賛美歌の伴奏ができなくなってしまったのです。そこで助任司祭ヨゼフ・モールが書いた一篇の詩に、友人でオルガン奏者のフランツ・グルーバーが急遽メロディをつけ、ギターを伴奏に12人の子どもたちと歌われたのが「きよしこの夜」のはじまりだそうです。

では、世界の片すみで、まずしい無名の若者たちがつくった‘まにあわせ’の一曲――かりそめのその小曲が、どんなふうに世界じゅうに広まったのか?
ちいさなちいさな聖なる歌は、その後もささやかな偶然をいくつもかさね、ふしぎな運命をたどります。
そして歌はどんどん広まって、一人歩きし、あちこちの歌曲集に載ることになっても、モールとグルーバーはけっして自分の著作権を主張したりはしなかった・・・ 素朴で無欲なふたりの美しい魂が聴く人の心のひそかな琴線にふれ、この歌は国も時も宗教さえもこえて人びとに愛される歌になったのかもしれません。
敬虔でおごそかなクリスマスの星空にしみわたるような奇跡の物語。
本をとじたあと、冴えざえした夜気のなかで「きよしこの夜」を口ずさみたくなります。

きよしこのよる ほしはひかり
すくいのみこは みははのむねに
ねむりたもう ゆめやすく

(原題『The Story of Silent Night』)
Author: ことり
海外カ行(ギャリコ) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -