<< 『博物館の裏庭で』 ケイト・アトキンソン、(訳)小野寺 健*prev
『「きよしこの夜」が生まれた日』 ポール・ギャリコ、(訳)矢川 澄子 >>*next
 

『クリスマスのてんし』 エルゼ・ヴェンツ‐ヴィエトール、(訳)さいとう ひさこ

評価:
エルゼ・ヴェンツ-ヴィエトール
徳間書店
¥ 1,785
(2009-09-16)

ページの上にとびだした、愛らしい天使の顔。
めくるごとに、天使がひとりずつこちらを向いて歌いかけるように感じられる心にしみるクリスマスの絵本です。

もうすぐクリスマス。夜空にはあどけない10人の天使たち。
こまっている動物や人びとに、天使たちは救いの手をさしのべます。ふわりとひとりずつ舞い降りて・・・。
天使たちのおこないが、清らかなクリスマスの明かりとなって心をうるおしてくれる素朴でやさしい仕掛け絵本。
ラストのページでは、10人の透きとおった歌声が聴こえてきます。

(原題『The Christmas Angels』)
Author: ことり
海外ア行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -