<< 『ミリー 天使にであった女の子のお話』 モーリス・センダック、(訳)神宮 輝夫*prev
『はしれ!ショウガパンうさぎ』 ランダル・ジャレル、(訳)長田 弘 >>*next
 

『ひらいて』 綿矢 りさ

評価:
綿矢 りさ
新潮社
¥ 1,260
(2012-07-31)

やみくもに、自分本位に、あたりをなぎ倒しながら疾走する、はじめての恋。彼のまなざしが私を静かに支配する――。華やかで高慢な女子高生・愛が、妙な名前のもっさりした男子に恋をした。だが彼には中学時代からの恋人がいて・・・。
傷つけて、傷ついて、事態はとんでもない方向に展開してゆくが、それでも心をひらくことこそ、生きているあかしなのだ。本年度大江健三郎賞受賞の著者による、心をゆすぶられる傑作小説。

胸をかきむしるほど狂おしく、キリキリと締めつける衝動。
ゆっくりと暴走していく展開に心からぞっとしたし、おののきながらも痺れてしまいました。しずかに柔らかな狂気・・・おぞましく、痛々しく病んで。

うまくいかない恋のもどかしさが、ひとりよがりで屈折した感情を生んでゆきます。
強固な恋人たちのあいだに割って入って、歪んだカタチで‘所有欲’をみたす主人公。歪んでこわして傷ついて・・・なにもかもなくしてしまったら、またちがったひらけた風景を見られるのかな・・・。いつか飽きる、いつか終わる――鶴をほどいた千代紙の幾筋もの折り目から、どこかへ消えうせてしまった祈りのように。

愛は、唾棄すべきもの――
恋は、とがった赤い舌の先――
私は、乾いた血の飛沫――
・・・なんて残酷で、ややこしくて、切ないんだろう。卑しく穢れた激情の裂け目から、純粋な光のしずくがこぼれてくる。‘さびしさの鳴る’音がする。嘘をつめたく見透かすような、意地悪なするどさに射すくめられた小説でした。

卵の黄身だったころにもどりたい。固い殻に守られて卵白の中央に浮かんでいた、幸福な黄色だったころに。それが無理なら、いますぐ灰になって、土にばらまかれて、緑あふれる森へ帰りたい。
Author: ことり
国内や・ら・わ行(綿矢 りさ) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -